スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■近所のT2さんにミニッツコースが新たに登場。■

午後からの出勤前に久々にラジコンショップT2へ。

会社の繁忙期を言い訳に長く走らせてませんでしたが、只今来週からの夏季休暇にバギーの新車『京商・レーザーZX6』のシェイクダウンの準備中です。

最後に
ロッシのダンパーオイルが揃えば完璧!
でしたが、まだ37.5WTが届いてなかったのでお盆前の入荷に賭けます!
(32.5WTは準備OK)


20140808.jpg

で、T2の店内(1F)にはミニッツコースが新設されてました。

利用は1時間から選べ、仕事前に仕事後に天候に関係無くお手軽に遊べる様になってて嬉しい〜♪
流石に夜勤明けはシンドイですがw



スポンサーサイト

■ラジコン熱、再び?■

ここんとこずっと猛暑ですねぇ…。
暑くて頭がオカシクなりそうな中、ふと5年前の出来事を思い出した。


当時は東京から地元岡山へ戻って来たばかりの時で、地元で再就職して間もない時の事でしたか。
その年の夏に東京にて、カートレースや実車レース関係での話し合いで知り合ったのが今も仲良くさせて貰ってるしのりんさん。
2006年に実車のレース参戦する時に大変なお世話になり、遊びで主催しているゴーカート大会では一つの大きな転機があり、それ以来この方には頭が上がりませんw
(一緒に問題解決して頂いたサーバー管理者びんぢさんにも感謝感謝です)

そんなしのりんさん、毎日の育児とモータースポーツ学校の講師で休み無く大忙しなのに、それに加えて僕の時々の東京出張時の宿泊先提供などその他多くのフォロー頂いています。
僕のアホさ加に嫌な顔ひとつせず感謝してもしきれない位 m(_ _)m



聞けば、子供が生まれる前は当時の渋谷トップサーキットのRCレースでは常に上位に、晴海のオートウェーブ内RCサーキットの常連さんだったとか。
(タミヤTA04やF201が現役の頃)

今は無き『渋谷トップサーキット』は当時大都会ど真ん中のビル屋上サーキットでかなり話題性があった様で、テレビ番組タミヤRCカーグランプリでしか知らない憧れの場所でしたねぇ。
『オートウェーブ晴海店』(車関連アイテム量販店)も今は無きお店で、当時都内に居た頃の仕事仲間S水っちゃんと良く遊びに行った場所w
時期的には2003~2004年で、お店とゲーセンに出入りしてました。
ゲーセン横にそのサーキットがあって、しのりんさんが常連してた時期も丁度その頃らしい。
もしかしたらお互いが当時そこで何度とすれ違って居たかもと思うと、話を聞いた時は凄く驚いたwww





そんなラジコン好きだったというしのりんさんに、今までの御礼も込めて今回ミニラジコンを用意してみました。



20100726_SANY0002.jpg

1/10スケール顔負けの走行性能を誇る1/27スケールの京商Mini-z(ミニッツ)、5月頃に部屋を掃除してたら気付けば1台分出来る状態で色々なパーツを発見。

車体は何故か押入れの奥に眠っていたほぼ新品MR-015、ボディは未使用VWゴルフと程度の良いストラトス、プロポはハードオフにあったミニッツ用の新品が¥500-ww
充電器はシンプル且つ高性能(ラジ用として必要な機能完備)なORIONが安かった。
動力バッテリーは高性能なスクワットの単4ニッ水電池と、
意外とバカに出来ないスペックの100円ショップ充電池www

【100円の充電器と充電池(セリア生活良品)】
http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/todays_goods/45534.html

岡山では100円ショップ『meet's』での取り扱いを確認。
電池は優秀ですが充電器は要注意!(カット機能無くて永遠に充電しっ放し)




20100726_SANY0003.jpg

一部頂き物を含め使う機会が殆ど無く1年位保管してて、勿体無いし折角頂いたのを使わないのも失礼だしって事で整理・整備して今週末の東京出張時にお届けにあがる予定。


都内では同じくレース仲間の愉快な仲間達がミニッツで遊んでるらしいので、完全な新品でないのが申し訳ないですが是非またあの頃の様にと久々のラジコン再開を楽しんで貰えたら!


関東圏への出張時に時間が取れる様なら、自分のも持って逝こうかな~。


■1時間だけの楽しみ。■

昨夜は定時で上がれたので少し遠回りして岡山市青江の方まで、RCショップ・模型のプラトピアへ19時から20時までの1時間ではありますが約2カ月振りのミニッツを楽しんできました。



20090519_SANY0029.jpg
↑前回までの黄色いフェラーリF50はボディのフロント周りがバキバキに
 割れ放題だったので、ガルフカラーのマクラーレンF1にチェンジ♪


20090519_SANY0030.jpg
↑久々のミニッツだったので、その前夜は自作充電ジグでバッテリーを
 充電しつつワクワクしてました(笑)<<まるで遠足前の子供の様??



19時前にお店に到着すると、既によしとこさんとしおさん両名がマッタリミニッツ中でした。
他にも数名の方が、会社帰りと思われる感じの方々が楽しんでいました。


20090520_SANY0033.jpg
↑道具はコレ+パーツや工具の入った小物入れ程度。


サイズに比例するのか、他カテゴリーで走らせる時はデカイ入れ物を2つも3つも4つも用意するので、ミニッツは仕事帰りの気軽な遊びにピッタリのオモチャ(*´∀`)ノ


20090227_SANY0027.jpg
↑室内サーキットなので当たり前ですが全天候型(エアコン付)
 路面はカーペット路面でグリップ良好(結構テクニカルレイアウト)


僅か1時間ですが、ミニッツは1/27スケールとサイズが小さいせいか目で車を追いかけるのは半端なく疲れました(^^;)
モーター変えててスピードが出るので物凄い集中して車の周辺を凝視しないと明後日の方向へ飛んで逝く。
しかも単4充電池4本1セットで走る時間が30分とか40分とか平気で続くので、夢中になると止まらない終わらないwww


約2ヶ月振りだったので、まぁものの見事に

ミニッツの走らせ方を忘れてた。



おまけに先日までGPツーリングに集中してたのでその操作法が染み付いてしまい、走らせ始めから車がスムーズに走らず
コース壁とお友達モード炸裂 (゚Д゚;≡;゚д゚)
(頭と手先の切替が鈍い典型的な例ですな)



自分では必死になってたので気付きませんでしたが、よしとこさん曰く

走行中に直角で曲がる奴は初めて見た。
まさにピンボールばりじゃ!
あれはびっくりするで!



相当酷かった様子…(・∀・;)



20090520_SANY0032.jpg
↑その結果、リアウィング折れたよ orz


おニューのボディだったのにー 。・゜゜(´Д⊂ ゜゜・。



最初の30分はとにかく四苦八苦。
周囲は速い・上手い人ばかりで一緒に走らせると
自分が『動くシケイン』状態だもの…('A`)


速い車が後ろから迫ってくると、


ひゃー

おっかねー
 って悲鳴を、


ミスって自滅すると

ぁあん…(´ロ`;) ってどうにもならない声が出る有様。


横で一緒に走らせてたよしとこさんに大爆笑された…(・∀・;)


爆笑して上手く走らせられなくなったらしい。
なるほど!その手があったか(マテ




後半は車の動きが妙になり、あまりにも唐突にマキマキマッキーになって四苦八苦していると、見るに見かねたとしおさんが『ちょっと貸して?』とプロポをバトンタッチ、ちょっと操縦させるや否やシャーシをチェック開始。

【原因】
・ホイールからタイヤがずれる
・モーターのピニオンギヤに抜け癖が付いてタイヤに接触
→その結果右後輪にピニオンが接触、ブレーキが掛かって巻き巻きに。



少し走らせただけで直ぐオカシイと気付く、
流石タミグラマスター!

というよりも、僕が分からなさすぎただけですね…(反省


なんとか修正(誤魔化)しての走行で、なんとか感覚が戻ってきて1時間経過で終了~。
僅か1時間の走行でしたが、久々すぎて慣れない操作のせいか妙に汗をかいて少し疲れた(^^;)



仕事終わりに毎日寄って遊ぶのは無理でも、たまに行く程度が楽しい♪
これからの季節、あと1カ月もすれば岡山にも梅雨がやってくるのでしばらくはミニッツ日和ですな。
(次の走行機会までに今回の消耗部分を要点検&交換ですね。)


■¥100-プラスαで作る『単四電池/充放電ジグ』■

平日の仕事帰りにやるミニッツ練習、1~2時間と僅かな時間でも
集中してやってみるとイイですね~。


バギー車としての練習とは流石に感覚が違いますが、

⇒走行ラインを如何に綺麗にリズムを取って走らせる事が出来るか
⇒周囲の動きにどこまで惑わされずに走らせる事が出来るか
⇒プロポを握り続ける事の意味、この感覚を忘れない様に


などなど、実にいい感じに練習を楽しむ・遊ぶことが出来ます♪

このミニッツでの練習は、今年のタミグラ&タミチャレ参戦や愉快な仲間達ともしかしたら某エンジンカップに出るかも知れない?という時の為の練習として、感覚的にオンロード走行の練習にもなるなぁと思えば本当にバカに出来ない濃いものとなるかもね?と期待しています(笑)


さて、そんなミニッツですが、先週からよしとこさんから拝借していたフェラーリF50(MR-02/RM)が晴れて自分所有の車両になりました♪
フルノーマル&プロポ付を格安で譲って頂きまして、
これが仕事帰り専用&雨天時練習用としてのベースとなります。

その他の、ミニッツをやる上での必要アイテム類は自分で用意しなちゃなのですが、用意するとすれば

・充電器
 …現在所有のハイペリオンEOS 0610i DUOKOのMX-301で事足りる。
・単4サイズのニッケル水素バッテリー
 …とりあえず練習用に、という考えなので
  管理が楽なサンヨーエネループを2セット(8本)
・バッテリー充電用ケース(ジグ)
 …問題はコレ。
  単4電池ボックスなんて使った事が無いので、手元に代用出来る物が無い。



…困った事に、充電する為の電池ボックスが無い。
市販の専用バッテリージグを買えば、それが一番手っ取り早くて効率のイイちゃんとしたのが手に入るのですが、どれも1000円~3000円の範囲の物が大半。
ミニッツユーザーの多くは余ったシャーシを電池ボックス代わりにする事が多いそうですが、僕はそんなの持っていないし、その為だけにシャーシを買うのもなぁ~…って考えちゃう。

あ、そういえば100円ショップに電池ボックスって売ってなかったっけ?
工作シリーズみたいな、チープな電池ボックスを以前見たことがあったな?と。

なもんで、とりあえず翌日の仕事帰りに帰路途中にあるホームセンターでエネループを割引券を活用して安く購入して、とっとと100円ショップへ移動。


で、100円ショップを探索。


しかし無い!

乾電池コーナーにも無い!

工作シリーズの様なコーナーすら無い!

アレレ?



店員に聞くと
『電池保管用のケースならありますが?』


ちげーよwww




こりゃー…黙って市販品?
気軽に、安上がりにミニッツを始め様としている当初のコンセプトから大きく外れるのもなー…。

こうなったら自作?

ちょっと前にRC仲間のタミグラマスターNシマさんに教えて貰った方法を採用する?
・単4は割り箸を使ってコの字にして両端にナットを瞬間で止める。
・その間に単4を縦に四本並べネジで固定。


…ほう、それはイーグル模型のアレと同じ感じの物ですね?
(凄くシンプルな形状が想像出来ます、流石タミグラマスター!)



というわけで、無い頭をフル回転させてバッテリー固定用のジグを自作する為に100円ショップを歩きます。

イーグルのは定価で1,280円と安く買えるジグとして最有力候補アイテムでした。
でも、8本の電池を一度に充電したいと考えた時、コレを2本も買うのか?と考えてしまう。
イーグルには8本タイプの物が売っていますが(しかもかなりのミニッツユーザーが所有しているらしい)、いずれの方法も2,500円以上となると躊躇してしまうわなー…。

いや、別に貧乏とかそういうんじゃなく、遊び・仕事帰りの軽いノリで始めてみるミニッツなので、極力お金を掛けない方向でやってみたいと思ったのと、ただ単に自作魂みたいなものが沸々と出ているだけですからー。



20090226_SANY0001.jpg
↑結局買ったのは白い配線カバー1本だけ(¥100-也)

他に用意した物は、
・RC用サーボステー×2本
・バラセル用シャンテ×2本
・適当なスペーサーとワッシャ・ビス類
・電池ボックスに付いてる巻き線×1本
・電動ツーリング時代のパーツトレイ

(バッテリージグ1台分、いずれも部屋に転がってるRCパーツなのでタダ。)


20090226_SANY0007.jpg
↑要らなくなった単3電池ボックスに付いてるスプリング状の巻き線が今回一番重要でした。



100円ショップをウロウロしている時に頭の中で大体の形を描いていたので、部品を目の前にしてとっとと製作開始。
巻き線とシャンテを繋ぐにはどうすればイイ?
穴開けちゃえ~!
シャンテ曲げちゃえ~!
 てなノリで20~30分が経過。


20090226_SANY0008.jpg
↑単4バッテリーにテンションを掛けて支える・固定する為の端子が完成しました。


単4バッテリーを固定する為の白いレールは、必要な長さにカットした配線カバー。
オフィスとか、床に伸びている配線類をカバーする為のアレです。


20090226_SANY0016.jpg
↑単4のエネループを置いた例。スプリング上の巻き線がいい感じに固定してくれます。


20090226_SANY0017.jpg
↑反対側の端子は、シャンテをL型に曲げて固定しただけ。


20090226_SANY0018.jpg
↑実にシンプルにジグが完成し、試しに単4バッテリーを固定して充電をしてみる。


見た目通り当たり前の様に固定出来て、良い感じに充電をする事が出来ました。
固定出来るといっても、普通のコの字レールの上にバッテリーを置いているだけなので、ジグを大きく動かしたり衝撃を与えたりするとバッテリーがポコンと跳ねてしまうんですけどね(苦笑)


20090226_SANY0015.jpg
↑単4バッテリー・エネループは8本あるので、同じジグを2セット用意。


アルミのサーボステーが、一方は格好いいパープルのちゃんとしたサーボステーなのに、もう一方は同じアルミ製でもL字型の普通のサーボステー。
見た目に少しでも拘るなら後者は無いかなぁ…。
でも、この端子を作っていて思ったのが、別にアルミのサーボステーではなくても、ラジコンキット標準のプラスチック製サーボステーでも十分代用出来るなぁ、と。
おぉ、そうなるとますますコストダウンが可能ですね?


20090226_SANY0022.jpg
↑用意したジグ2本を、トレーの中で固定する事で簡単に扱う事が出来る様になりました。


20090226_SANY0029.jpg
↑放電器もこの通り、ワニ口クリップで固定すればOK!


あ、でも某電気屋福Rさん(超ミニッツマニア・笑)の話では、メモリ効果の少なさが売りのエネループの場合は放電の必要性が殆ど無いらしい。
追い充電で十分でしょ~、とのこと。
電池の進化ってスゲェなぁ。
その内、単4サイズ(あるいは単3サイズ)のリポとかリフェって出るのかね?


20090226_SANY0030.jpg
↑写真左側に見える緑の配線(バナナプラグ式)を用意すれば、8本一気に充電も可!
 (充電器が対応している事が条件です。)




で、先週末27日は仕事帰りに、そして3月1日の休日は雨の影響でどこのバギーコースもドロドロで何も出来ないという情報がアチコチから入ってきたのでプラトピアにミニッツ練習をしてきました。
両日共にRC仲間数名が集まるという、バギーは残念ながら出来ませんでしたがミニッツ練習を楽しみにしてました♪


20090227_SANY0027.jpg
↑仕事帰りの夜でも休日の昼間でも、長くやっても2~3時間がベストでしょうか。


サイズが小さいとラジコンする時間も短いのは何故??


20090227_SANY0024.jpg
↑ミニッツだとRC道具が恐ろしくシンプルになるので気楽でイイです♪
 ここに置く充電器はKOのMX-301で十分(ハイペリオンはレース用なので)



ミニッツコースのピットスペースでRC仲間達と一緒に色々と話しをする中で、今回の自作バッテリージグを披露してみました。

よしとこさんが絶賛してくれて、欲しがってる風でしたが、
貴方既に8本ジグ持ってますやん(笑)


今回の作品は『意外とちゃんと出来るもんだなぁ。』と、作った本人が実は一番ビックリしているのかも。


2本目を作る時も驚く程スムーズにシンプルに作る事が出来たので、材料さえあれば意外と簡単に直ぐ作る事が可能かもね?
また適当に材料集めて数本作ってみようかなぁ。
売って利益を得ようとかそんな気は全然無し。
所詮は自作、安い材料で思いつきで作っただけなので耐久性は未知数だもの。
つーか、手製バッテリージグに希望者が居るとも思えないし(笑)

■仕事帰りに1時間。■

20090225_SANY0048.jpg
↑いつもの仕事帰りに、なんの気なしに拝借・触ってみた京商のミニッツレーサー。



事の発端はRC仲間達のミニッツ談話。

ここ最近の週末のお休みは、岡山県内は河川敷の弓削コースも山の有漢JUMPサーキットも海の近くにあるプラトピア湾岸コースも、どこのバギーコースも雨上がりのドロドロ路面に悩まされっぱなしの日々が続いています。


20090125_1232756480.jpg
↑近所のコース路面はだいたい毎週末こんな感じ。
 水たまりってレベルじゃねーぞ!と…もはや川だ…(苦笑)


本当、バギーユーザーにとって現状が
ストレス以外何物でもない訳です。



雨でラジることが出来ない時の、練習方法って何か無いかなぁと話をしていたら京商ミニッツレーサー案が出た訳です。

地元RCショップ『模型のプラトピア』にミニッツ専用の屋内サーキットがあるから、そこでいつでも練習が出来るね、と。

そしてどういう訳か、自分以外の周囲のRC仲間は殆どの人がミニッツを所有してた(驚)
ハチイチバギーばかりと思っていた福Rさんなんて凄いマニアック・物知りで二度ビックリした(笑)
倉敷方面のタミグラマスターな人達は京商カップ全国大会に行く位の腕前と知って三度ビックリ~。


ミニッツという1/24~1/27スケールのプラモデルサイズのミニラジコン、1/10~1/12スケール(主にDD車?)顔負けの動きを走りをするので練習にピッタリ、インドアレーサーとして雨の日に限らず天候と夜などの時間に影響されないという。


僕はミニッツを持っていない&操縦をした事がありません。
なので、ミニッツという車体を実際に触って動かすまでは
『所詮ミニラジコン、オモチャでしょー』って思ってた。

そう、思ってたんですよね…

ミニッツユーザーからボコボコにされそうな風に?




昨夜(25日)RC仲間のよしとこさんが久々にミニッツを走らせると、『眠っているバッテリーを起こしに走らせてくる。』と言うので、仕事を終えたらそのままプラトピア岡山店へ観に行ってきました。

少し遠回りですが、仕事帰りに寄れるお店の一つプラトピア岡山店へ。(岡山市青江)
ここは小学生の頃から通っていたお店(当時は岡山駅前だった)で、10年近く岡山を離れていた時期があって本当にご無沙汰してても普通に覚えてくれてたし、何よりも驚いたのはスタッフが全然変わっていないという事。
入れ替わりがどうとかではなく、小・中・高校生の頃に見ていたそのままの容姿で居るという事にビックリ(笑)
馴染みがあって心地良いので気に入ってます。


お店に着くと同じく仕事帰りのよしとこさんが既に黙々とラジっており、早速ピットにお邪魔する事に。

・ミニッツとは一体どんな車なのか?
・一体どんな動き・走りをするのか?
・小さいそのナリでどんな完成度なのか?


ものすごーく興味津々に根掘り葉掘り聞き、そして操縦させて貰った。


20090225_SANY0047.jpg
↑よしとこさんから拝借中の『フェラーリF50』(MR-02RM)
 キットはノーマル、プロポはキット標準ではなくKOのEX-5で代用。


20090225_IMGP1242s.jpg
↑プラトピア岡山店の店内にあるミニッツ専用コース(1時間¥200-)
 ※写真はよしとこさんブログから勝手に拝借(笑)


で、いざ走らせてみてビックリ!
電動ツーリングの時の様なハンドル捌きでステアリングを切ると曲がりすぎてコーナーのイン側の壁にヒット!!

あれ?って思いながら
あっちでゴツン、こっちでゴツン、
1周の間で全コーナーでイン側のコース壁とお友達状態…orz



…ハンドルを少しでも大きく切ろうものなら極端なまでにイン側に車体を向けて曲がっていこうとする。



…この挙動って何かに似てるなぁと思い出してみると、大阪に居たときに大ハマリしてた
タミヤF103(DD車)のグリップ剤を塗ってフルグリップ状態でコースを駆け抜けて居た時の挙動に近い?

当時スポーツチューンモーター(23T相当)&ハイギヤードで狭い屋内サーキットをカッ飛んでいた時期がありまして、ワンミスでブッ飛んで逝きそうな過激な走らせ方が大好きでハマッていた時期がありました。
ミニッツの挙動がそれに近いなぁと思いながら操作方法に修正を掛けていくと、だんだんと当時と同じ感覚で走らせられる様になってきました♪

でも、相変わらず凡ミスは多い訳で、
走りの安定度は低いまま(苦笑)



F103の様な、DD車の様な走らせ方で楽しむことが出来るとなると…
こりゃーミニッツ侮れんな!
うん、感心した!!



当面はこの『フェラーリF50』を拝借、楽しむこととします♪


しかし、アレですね…
オモチャだと思っていたミニッツシリーズ、一つ一つの部品単価が恐ろしく安いなぁと感心すると同時にオプションパーツ地獄に陥りかねない位のパーツの豊富さにビックリしています。
某タミヤ商法の青いアルミパーツ地獄と同じですね分かります。


タミヤ宜しく京商のミニッツシリーズも同じ事を始めたら、その手軽さと奥深さからパーツをとっかえひっかえし始めるとさぁ大変。

バッテリーも単4乾電池でしょ?って甘く見てたら、普通に1/10カーと同じ位の扱いでシビアにレース充電したりする人が居るらしいですね??
バッテリーもレース用はそのサイズの割りにちょっと割高なイメージ。
専用充電器も放電器もバッテリージグも、安いからってうっかり買い集めると危険だ。


こりゃー下手にハマると危険だ!!

ヤバイヤバイ、
うっかり手を出してると引き返せないぞー!




とりあえずは仕事帰り専用の練習アイテムって事で~。
ノーマル状態で満足いく走りが出来るまでそのままで~。
この御時世、自由に使えるお金も限られるので我慢しなちゃ~。
うん、我慢我慢~。


…いつまでこの我慢が維持出来るだろうか…(笑)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。