スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■2009年1月25日/久々RCライフ(バギーとか)■

先日の日曜日、倉敷方面のタミグラマイスターな方々数名が弓削コース(オフロード側)で泥遊び(猿ラジ)をするというので、僕も久々にラジコン遊びを、他のRC仲間達と一緒にバギーを走らせてきました。


今回のメンバーは、主に電動ツーリングなどタミヤGPで大活躍の方々&バギーフリークな方々。
電動バギーや遊びで買ってみたというエンジンバギーカーの試走など、形にとらわれない自由な遊びが目的とのこと。
そんな話を聞けば行きたくなるのがバギー野郎(笑)
家がコースから近いので、ならばと行ってみる事に。


サーキットは家から車で5分と掛からない弓削コース(河川敷/無料開放中)です。

20090125_1232756480.jpg

子供の頃から存在するこのオフロードコース、昔は町営河川敷施設(有料)だったのが今では地元岡山市(合併の関係)の管理下にある河川敷施設の一つとなっています。
いつだったか台風による河川増水で当時の立派な操縦台が流されてしまい、今は予算の都合で操縦台設置が出来ないという事と、やっぱり予算なんでしょうね、役場の管理そのものもほぼ100%放置状態。

※管理放置状態によって、
・良い意味で・・・
 コース利用料が無料。
 一般開放中コースとなっています。

・悪い意味で・・・
 コース路面コンディションは最悪。
 河川敷故に小石ゴロゴロ&夏は草ボーボー状態。
 操縦台が無いので脚立や適当な台を持参する必要があります。


オン・オフが併設されたコース、共に1/8サイズのラジコンが余裕で走らせられる大きさです。
オン側は1/5サイズのガソリンRCも余裕?、オフ側は1/5サイズは流石に狭い、よねぇ?


この時期は、山の方(県北)にある『ハイスターランド有漢JUMPオフロードコース』は毎日の様に雪や霜の影響で路面がドロドロ状態で走らせられない状態らしいので、岡山のバギーユーザーは必然的に県南にあるコースに集まってきます。
(春が近付いてきたら路面コンディションが良くなるでしょうからその時を楽しみに~。)


そうは言っても、その県南でもやっぱり朝の霜溶け路面はヌメヌメしてます。

20090125_1232756674.jpg

この日は朝9時頃から集まった数名でスコップ片手に、前々日までの雨による水たまりを土入れをして整地したりしました。
バギーが好きだから、ラジコンが楽しくて堪らないから、有志で集まってのコース整備もまた楽しい♪

10時くらいからアチコチからバギーユーザーが集まり始め、お昼前には10名近くと盛大に集まりました。
いやはや多種多様のバギー車が集まったもんです(笑)

20090125_SANY0001.jpg

手前の3車種なんてビンテージモノ。
古い車にワンオフパーツを投入して現役モデル並に仕上げてみたり、ブラシレス化してトンデモパワーでジャンプ台をクリアさせたり、最古のワイルド・ワンなんてスリックタイヤでオンロード仕様、オーナーさんのこのセンスって素敵(笑)


20090125_SANY0002.jpg
↑左:無限『MST-1』…よしとこさんの車。
(勝つ為だけに生まれたレーシングトラックって憧れますね、やっぱり。)


僕も安く手に入れる事が出来たHPIのNITRO RUSH(ナイトロ・ラッシュ)ってGP2駆をなんとかメカ積みを済ませて参加してみました。

高価なハチイチバギーはレース専用なので、必要以上に使いたくないのが本音。
練習は無論必要ですが、必要な時に必要な分だけ走らせれば、学びながら集中して練習が出来れば大分違いますし、そもそもレース前にシャーシをクタクタにしたくない。
そして…パーツなど消耗品の入手性がなぁ…
岡山のRCショップで満足にハチイチバギーのパーツ扱ってる所が無いし…。
毎回の様に通販で手に入れてると送料バカにならないしね…。


それならばと考えたのが今回のラッシュ。

・2駆バギーって無茶苦茶操作が難しいらしい。
・ラフなアクセル操作は禁物、上手いバギーユーザーは2駆も軽々らしい。
・構造がシンプルな分、壊れにくくてメンテも楽。
・まさに練習用に存在する為の様なもの(?)


20090125_SANY0003.jpg

そんな理由から約1~2週間ほど掛けて方々に『安い・良いのが無いか』と声を掛けて回って用意してみたのがこのラッシュ。
良いですよ良いですよ、入門用のRTR(完成品)で設定されているのですが、入門用らしく良く走りますわ~。
エンジン付で安過ぎる内容で手に入ったので、正直『動かした瞬間に分解するんじゃね?』って思うくらいドキドキしましたが、なかなかどうしてリコイルエンジンの始動性も抜群で、ギャップの走破性も良い感じ。


バギーで2駆モデルって、日本国内ではあまり種類が無くて流行ってる風にも見えないのですが、今回のラッシュを運転してて思いました。

・アクセル操作をきっちりと
・姿勢を安定させるブレーキ操作をしないと車体が明後日の方向に向く
・コーナー旋回時のハンドル操作は最小限に
・クリッピング通過時にラフなアクセル・オンは即スピンモードなのでジワリと開ける
・バギー車は常にトラクションを掛ける様なアクセル操作を心掛ける

(身近じゃないけど分かり易い例が世界の原選手、あのアクセルワークは憧れるわ~。)

…いやぁ、普段のハチイチバギー(4駆)が如何に楽な操作だったのかを思い知らせる位に操作が難しい…。

何が難しいって、アクセル操作?
ラフな操作が本当に駄目なんだなぁと。
あっちでスピン、こっちでスピン、クルクル回りっぱなしでした。

これは、初心者には難しいわぁ。
初めて始めるラジコンで、2駆バギー(オンロード車も含め)で始めたらきっと『ラジコンってこんなに難しいの?全然楽しめない~。』って感想が増えるだろうから、RTR(完成品モデル)や通常の入門用キットに2駆のラインナップが少ないのも分かる気がします(苦笑)

実際ラインナップが少ないし、特にエンジンカーでなんてパワーがある分余計にジャジャ馬状態でしょうね。
日本国内におけるラッシュなどの2駆GPトラギーのレースカテゴリーって今ではもう殆ど存在してないしねぇ(皆無?)

でも、RC先進国アメリカなど海外ではこのカテゴリーって電動・エンジン問わず大人気で、4駆よりも元気のあるカテゴリーだったりします。
そういうところを見ると、日本特有の現象??ですか。

でもでも、これって逆を言えば本当に良い練習になるのではないかと。
今までの操作が如何に雑だったかを思い知らされた訳ですから、これでスムーズな操作を覚えて再びハチイチバギーを操作したら…
そう、操作したらきっと
『うわ、スゲェ上手くなってるーッ!』のではないかと??

嘘臭いかどうかは、今後のハチイチバギーの練習やレースの時の結果次第。
その結果や如何に??(笑)



雨上がりの少しヌカるんだ路面での走行で、どのマシンも皆ドロドロに早変わり。

20090125_SANY0004.jpg

所々に水たまりが残っているせいもあって、ちょっと操縦を誤るとマシンが水に向かって一直線。
バシャーンって大きな水しぶきを上げたり、車が派手に転んだりした挙句に部品が折れたりしても皆大笑い。
バギーやっててこんな感覚になれるって素敵(笑)
というか、凄く楽しい。


20090125_SANY0005.jpg
↑どんなにドロドロになろうとも、掃除の仕方次第でここまで綺麗に~。

泥汚れをブラシで落とせるだけ落とし、シリコン系スプレーを泥汚れ部分を中心に吹いて濡らし、エアコンプレッサーで濡れた部分を吹き飛ばすと簡単に泥汚れが落ちます。
そして、シリコン系なので樹脂パーツの表面をツヤツヤに保護・綺麗にしてくれます。
コンプレッサーが無くても、ブラッシングで泥汚れを落としてシリコン系スプレー(有名所ではKURE 6-66など)を吹いて再度ブラッシングして、最後にタオルでふき取っていくだけでも大分違いますのでお試しあれ~。



最後、バギーコースの隣には大きなオンロードコースがあるので今度はそっちで電動オンを走らせました。
コレは元々保険の意味で用意・持参してました。
(雨上がりのバギーコースがいよいよどうにもならなかった時用に。)
結局今回はバギーコースで遊べた訳ですが、でも折角なのでという事でバッテリー1本分の走行を、こちらも皆でワイワイ楽しく遊ぶことが出来ました。


ハチイチバギーのレースウィークの時のカツカツした空気とは違い、仲間と一緒にワイワイやるって楽しい、楽しむって大事だなぁと感じた1日でした。
またこういうメンバーで遊びたいです。


■当日一緒に遊んでくれた方々。■
としおさん・・・電動ミニの迷宮地獄の中から光が、光明がさした気分です(笑)
 京商DST、本当に楽しそうに走らせていたのが印象的でした。
・Nシマさん・・・同じく電動ミニの迷宮地獄から、そして朝一のコース整備お疲れ様でした。
・NシマさんJr.2名・・・お父ちゃんに負けないラジッぷりが素晴らしい!)
F井さん・・・同じラッシュを操作して何故そんなにも上手いのか!
 流石タミグラワーチャン級!次もその華麗なテクを横で魅せて下さいね~。
 (DST、欲しくなったんじゃないですか?・笑)
・F井さんのお連れさん2名・・・次もまた変態ラジコン&サベージの活躍を見せて下さい♪
よしとこさん・・・じゃじゃ馬MST-1で相変わらず爆笑させてくれますね(笑)
・F力さん・・・ラッシュはイイ車です(笑)この次は納得のいく仕上がりにしてみせます!


スポンサーサイト

■2009年1月3日/徳島KRC新春お年玉レース。■

※この度初めてのブログ開設って事で色々ハチイチバギーで感じたことダラダラ書いてみました。※


2009_nenga.jpg

2009年あけました。
おめでとうございました。
今年もどうぞよろしくお願い申し上げました。


今年もまた元気にRCライフを満喫したいと思いまして、新年早々四国は徳島県へ行ってきました。
・レース日程:2009年1月3日(土)
・レース名:徳島KRC新春お年玉レース
・コース名:徳島KRC


四国のコースを走らせるのはこれが初めてになります。
これまでハチイチバギーで走ったことのあるオフロードコースといえば地元岡山県にあるコース『ハイスターランド有漢JUMPオフロードコース』(高梁市有漢町/一般走行OK&会員制アリ)や自宅から車で2~3分の『弓削コース』(岡山市瀬戸町弓削/無料開放中)『ホビーショップ高木 1/8 明石オフロードコース』(兵庫県明石市/一般走行OK&会員制アリ)の3カ所だけでしたので、四国のソレは情報が殆ど無いままの状態で遠征する事になり、現地に着いてコースを見てビックリしました。

20090103_P1020169.jpg
↑当日のピット光景。
 地元のRC仲間達とピットを共有してみました。

20090103_P1020171.jpg
↑河川敷コースなので電源設備がありません。
 当然発電機の出番、僕も写真の青いヤツ持参(今冬念願の発電機GETです・笑)
 
河川敷にあるコース、いわゆる町営(市営?)の施設内のコースみたいな設備の数々で綺麗でした。
ピット周りがアスファルトなので、雨上がりでも泥汚れが少なくて『コレは羨ましい!』という風でしたね(笑)

公園施設内コースという事で朝9時にならないとラジコンののエンジン始動が出来ず、当然練習時間も僅かしか得られません。
レース開始までものの数分(燃料1タンク分)しか練習走行が出来ず、遠征レースによる当日ぶっつけ本番という行為がかなり無茶な形でレースの幕が切って落とされました。

…というか、9時になっても車両の走行準備が終えられなかったのがそもそもの原因かな…。
慌ただしく走行準備してて思いました。
この次の時は、朝はもっと早く現地入りをして事前の走行準備を済ませ、落ち着いて9時の始動開始を迎えられる様にしたいなぁと反省…(;´Д`)ノ



■当日のレースの内容■
・予選:5分の周回レースを2回
・決勝:予選順位で枠を決め、下位グループから20分決勝レース
 (決勝は勝ち上がり方式で、各決勝上位3~4名が繰り上がっていく)


朝の練習走行後にレース申し込み&ドライバーズミーティングがあり、その後組み合わせ発表と共に速攻で予選開始。
車両セットアップの時間も満足に得られずもの凄く慌ただしい(汗)
事前の地元コース(有漢)のセットに脳内セットをプラスαして予選1回目を挑むも、車が素晴らしくアンダーステアでアクセルが開けられないので全然攻められないまま終了。
当然順位も最下位から数えた方が早かったです…orz

20090103_P1020138.jpg
↑爆走中のマイMBX5R!!

予選2回目は、コースに少しでも慣れた?か、多少なりとも落ち着いて走らせる事が出来ました。
でも、予選順位は大きく変わる事無く。
アンダーなセットが解消されず、1回目同様騙し騙しの走行でストレス溜まりますわー。

20090103_SANY0021.jpg

20090103_SANY0014.jpg

20090103_SANY0017.jpg

20090103_SANY0025.jpg

ここ徳島KRCはコースの広さは無論のこと、ジャンプ台の大きさにとにかく驚くばかりでした。
コースの至る所にジャンプセクションがあり、コースを1周している間は常に車をジャンプさせっぱなしのイメージしか無いくらい。
これは…、事前練習ナシで走れるコースちゃうわな。
とにかく最後まで走行のリズムが取れず、ジャンプ台も全然安定して飛ばすことが出来ずに居ました。
思い通りに走らせられないというのは、本当にストレス溜まります(苦笑)

…スミマセン、言い訳です、練習しておけば良いだけですねそうですね…orz

20090103_SANY0019.jpg
↑サーキットの紅一点もっちぃインファーノMP9。
 四国を代表して全日本選手権&京商マスターズに出場するエキスパート。
 女性ならではの華麗なテクと、漢らしい豪快なジャンプを魅せてくれます。


慣れない徳島KRCに手こずりながらも、車のセッティングを進めます。
お昼御飯なんてゆっくりしている暇なんてコレっぽっちもありませんでした(^^;)
デフのオイル番手は良い感じ(F#5000/C#3000/R#1000)なので触らず、サス周りも安定感はあるので触りたくない、ならばとリアのダンパースプリングを無限グレーから吉田バネ/シルバーで固くして足の動きに張りを出してみました。(フロントは無限グレーのまま)

結果、これがビンゴ!
同じ様なセッティング方向性を好むN島さんのセットをパクって大正解!!(笑)
よしとこさんともデフや足の方向性は似ているので、3人で良くセットを確かめ合っていますが、やっぱりココ一番のセット出しはN島さんでした。
(3人ともMBX5R、まずは基本を覚えてから、それから新車MBX6へ…?)

N島さんもよしとこさんも僕も元々は電動(エンジン)ツーリングカーなどオンロードカテゴリーからのハチイチバギー参入組(まだ参入1年未満)、操作性や求める車両の挙動とか似ているので情報を共有出来るって素敵。
(N島さんはあのタミグラ全日本選手権&ワールドチャンピオン決定戦などで大活躍する位の人なのである種の憧れの存在でもあります・笑)

でも、いつかは本当のハチイチバギー操作(エンジンバギーとしての基本操作)かなければもっと上には上がれないんだろうなぁ?と思いました。
長くやっている人達の操作テクニックとレース運び、マシンのセットアップの方向性がやっぱり違います。
それらはやっぱり参考にしたいし、自分にプラスになる事であればどんどん積極的に取り込んでいきたいです。


決勝レースは20分間の勝ち上がり方式。
僕は予選が下位の方だったので、Eクラスとして最初にレースが行われました。
このクラスで上位3位までに入ればDクラスの決勝レース(20分)に上がる事が出来て、順調に勝ち上がる事で更なるポジションアップが狙えるという仕組み。

20090103_SANY0012.jpg
↑決勝レーススタートは全日本選手権と同じ方式で。
 専属の助手(兼給油マン)とのコンビネーションが大事です。

20090103_P1020139.jpg
↑セッティングが当たって、予選の時の苦労がウソの様に良く走りました。
 途中3位を走行する事が出来た位。

決勝レース中は、アナウンスを聞く余裕が出るくらいにマシンが快走してくれまして、無いテクなりに20分のレースを上手く消化する事が出来るのでは??と思える位です。
前半は途中で3位を走っている位で、これは勝ち上がれるかも!!と。
N島さんとも途中でバトルが出来ましたが、出来ましたが、そこはやっぱりチキンハートな自分ですから、途中で焦ってジャンプ台を上手く攻略出来ず転倒に次ぐ転倒でドンドン順位を下げて逝くという自滅パターンにハマりました orz
折角の好ポジションをみすみすパァにヽ(A`;)ノ

電動カーのレースみたいに5~8分の短い時間で終わるレースではなく、ハチイチバギーって20~30分とか40分、最長で1時間も走らなければならない位の耐久レースみたいなカテゴリーなので(給油が必要なエンジンカーならでは)、要は転倒をさせないで堅実なレース運びをしていれば結構な確率で上位に食い込むことが出来るカテゴリー。

そうだと分かっていても、そこは人間のやる事です。
レース中に焦ったりちょっとした気の緩みで順位が大きく変わります。
変わるんですが、逆に周囲もそういう事が起きるので自分にとってもこれはチャンスです。
でも、そういうチャンスって下位グループだけ、かなぁ??
上位になるとなかなかそういうチャンスって少ないので、如何にして周囲の流れを把握して自分をコントロールするか、これが出来たらもう最強でしょうね(笑)

ちなみに、身近なドライバーでコレを素で出来ちゃう人が、
僕が知る限りでは明石バギー倶楽部のドンこと長○さん。
この人はもう全てにおいて次元が違います…(・∀・;)
レース全てをコントロールしちゃう位に、安定した速さでいつの間にか優勝ってパターンが多いです。
皆さんにも是非、機会があれば一度長○さんのレースを見てみる事をオススメします!


20090103_P1020223.jpg
↑三連ジャンプでコースマーシャルしてましたが、ここって結構怖いです。
 何が怖いって、3.5kgの鉄の塊がジャンプに失敗するとマーシャルの脳天直撃ですからー。


話しが大分脱線しました(謝)

結局自分の決勝レースはEクラス9人中6位でした(スタートグリッドは7位)
レース序盤の勝ち上がりのチャンスゾーンも自らのミス・自滅で台無し、当然と言えば当然ですね(苦笑)
まだまだ力量が足らず、地元でしっかりと練習して周囲に揉まれて精進したいです。

その後A~Dクラスのレースをコースマーシャルをしながら見ていましたが、皆さん本当に上手。
僕にとって鬼門の様なジャンプセクションを難なくこなす地元勢、リズム感の良い走りを魅せて頂きました。
大阪や広島など遠方から参戦してきた人達も、地元岡山のドライバーも、皆さんベテランならでは!その適応能力は是非見習いたいです。

地元コースでは満足行く練習が出来て意気揚々とレースに挑んだよしとこさんは、セットが合わずコースの難易度に四苦八苦してしまい意気消沈してました。
N島さんはその豊富なセッティング知識を活かしてマシンを仕上げ、Eクラスの決勝レース/勝ち上がり合戦でもトップを行く快走振りでしたが、ラスト1分のところでフロントタイヤが外れてリタイヤ。
3人仲良く下位に沈みました…。


最後、上位陣の表彰式を見て思いました。
…楽しいレースでしたが、満足のいく走りが出来なかった事がやっぱり悔しい…。

しかし、お年玉レースと銘打っているだけあって最後には順位別の現金プレゼントから僕は¥1,000-をゲット!
(この日のレースエントリー費用からのお年玉なので、ある意味コレの争奪戦かも?・笑)

最後の最後で嬉しいプレゼントでしたが、でもこれは晩御飯で消えましたけどね(笑)


20090103_HI360952.jpg
↑ハチイチバギーで遠征をするという事がどういう事か、このハイエースの荷物量を見れば一目瞭然(笑)
 大人4人分の大荷物をテトリスみたいに箱をあーでもないこーでもないと積み込んでみました。



晩御飯の席では、地元ドライバーの方々と一緒に名物『たらいうどん』と鶏肉の焼肉コースで盛り上がりました。
レース中のお昼ご飯が落ち着けなかったので、ご飯の席では終始マッタリモード。
一気に糸が切れたみたいにお眠モードになりまして、最後の岡山への道中は完全に爆睡してました。
運転手のN島さんには申し訳ないことをしました…(^^;)



なにわともあれ、無事に四国遠征レースが終わりました。
初めての四国遠征レース、初めてのコース、レースの流れも初めての内容、何もかもが初尽くし。
良くも悪くも色々と勉強させられました。
そして、もうちょっと落ち着いてレースに参加したかった…、かな?
朝の現地着が遅かった影響で準備にバタバタしてテンパったせいでゆっくり出来なかった。
四国勢のドライバーさん達との交流が何一つ出来ていない事に気付いたのは帰りの車の中って有様(苦笑)

この経験を糧に、次はもっとちゃんとしてみたいなぁ~…。
頑張ります。

さて、次の走行はいつだろう?

■雨男の紹介(2013年12月改訂)■

※車好きMr.やべっちのストレス発散方法。

◆はじめまして。
 岡山在住の実車モータースポーツ&ラジコン好きです。
 俗にいう車ヲタクってヤツです。
 1977年6月10日生まれ(男)

◆ひょんなことからブログ始める事になりました。
 宜しくお願いします。
 ブログ名は『知ったつもり?!』です。
 36_banner.jpg
 ↑バナー/リンクフリーです。


◆このブログでは主に車関連の趣味を紹介していこうと思います。
 →モータースポーツ活動
 →ラジコン活動
 →その他、何か気になること色々

◆車ヲタ故、偏った発言の数々をお許し下さい。

◆あ、ちなみに『超』が付く雨男らしいです<他人事
 ナイス害らしいです。
 えぇ、何かにつけて雨に見舞われるらしいです。
 酷い時は大雪や台風のオマケ付きらしいです。


■実車絡みの記録とか■
小学生の時に見たパリダカやWRCの映像、アメリカのバギー車やモトクロスバイクのレース&モンスタートラックの変態ショーなどの影響でバギー/オフロードが好きになる。
そのせいか中学生の頃の日本国内のF1ブームにはあまり乗らなかった。
高校で見たF1で1994年の片山右京の活躍に胸を躍らせた。
以降、僕の中でのモータースポーツはF1中心に。
(無論オフロード好きは変わらず)
23歳で手にした三菱ランエボ3から今度は自身で山(峠など)やサーキット走行を楽しむ様になる。
同時にレンタル式のゴーカートで腕磨き、友人所有のレーシングカートで腕磨きも続けてます。
そんな影響で競技車部品メーカーに勤務し色々な方面で実車レース&展示イベントの世界を経験しました。
現在は心機一転、地元で2社目の職場へ転職し2014年1月より新しいスタートを切ります。


■ラジコン歴とか■
小学3年生(9歳)のお正月に手にしたタミヤグラスホッパーが最初の本格的RCライフのスタート。
<所有してきたRC順:その1> 1987年〜2001年頃まで
 ・タミヤ…1/10 グラスホッパー(※)
 ・タミヤ…1/10 ブーメラン4WD
 ・タミヤ…1/10 イグレス4WD
 ・京商…1/10 トライアンフベース自作FFバギー
 ・京商…1/10 レーザーZX-Rベース自作FFバギー(※)
 ・無限…1/10 K2X495(GPレーシング)
 ・タミヤ…1/10 ザウバーC19(F103)
 ・タミヤ…1/10 ミニクーパー(M01)
 ・タミヤ…1/10ツーリング(TA03F/TA03R)
 ・タミヤ…1/10 ミニクーパー(M03)
 ・タミヤ…1/10 トヨタTS020(F103)
 (上記リストは当時のメイン車であり記憶分だけ。)
 (※)印は…現在所有中の車両


<所有してきたRC順:その2> 2007年〜2009年頃まで
 ・タミヤ…1/10 スイフト(M03)(※)
 ・タミヤ…1/10ツーリング(TA05R)
 ・無限…1/8 MBX-5R(GPハチイチバギー)
 ・HPI…1/10 ラッシュ(GP2駆バギー)
 ・京商…MINI-Z(MR-02)(※)
 ・京商…1/10 V-one RRR evo(GPT)
 ・京商…1/8 エボルバM3(GPハチイチレーシング)
 (※)印は…現在所有中の車両


<所有しているRC順:その3> 2013年12月〜現在所有中
 ・京商…EPジェットストリーム888VE(EPボート)
 ・京商…1/10 アルティマRB6(EP2駆バギー)



こんな人ですが、皆さんどうぞよろしくお願い申し上げます。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。