スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■来年になるか再来年になるか。■

大変です、不景気です!
懐の寒さは見事なまでに氷河期状態 orz


そんな中でのヤリクリでRCライフを楽しんで居ますがー…

昨年と比べてRCアイテムを新品で買う機会が
殆ど無くなっているのは自分でもビックリです。


消耗品とか最低限のものは普通に買ってますが
本当…、買い貯めとかしなくなったなぁ…。


モータースポーツの世界は、サードパーティ業界(主に走り屋系)は本当に景気の良い話が聞こえて来ないので哀しい…(´・ω・`)

世の中がエコブーム真っ盛りなので、当然の数値かもね。
燃料と鉄とゴムの大量消費の世界は肩身が狭い~。

っと、愚痴ってしまいました、スミマセン。
でも、モータースポーツのこれまでの発展は間違いなく今の車社会を刺激して発展に貢献してきた事を忘れてはなりません (`・ω・´)



自分でも変えなければならない、そう思いながら必死にサービス対応やレースの裏方さんをやってると、先日会社から来年以降の新しい話が出て来ました。

その新しい話、具体的な事は何一つココでは話せませんが、内容的にはもしかしなくても

自動車の大型免許取得が必要になる??
(※場合によっては中型免許で間に合うかも、又は中型→大型と順番に。)


過去に乗った最大サイズは乗用車レベルではハイエース・キャラバン、トラックではレース車両が乗るローダー(積車・1台分サイズ)を運転した位。
ローダーに至っては常に『ウワー!当たるー!怖いー!』って悲鳴を上げながらの運転でしたので(岡山~名古屋~東京間)、そんな人間が中型とか大型免許って不安で不安で…(^^;)

幸い周囲でお世話になってるラジ仲間やレース仲間とか大型の経験とか持たれてる方が居ますので、運転のコツというか何というか経験談も含めて、大型(中型)免許の話が具体的になった時にはお話を伺いたいですねぇ。


例えとしても、話が具体的に進むともなれば間違いなく毎年のモータースポーツシーズン中(3月開幕戦~10or11月最終戦まで)の週末4~5日間(木~月/月1~2回)は出張期間となるかも??

専務曰く
若いウチに動いたほうがいい、
動いて現場を経験するのが一番だ。


うぉ…
これはつまりイコール・RCレースシーズン中の参戦がほぼパァ!?

冬は冬でテストシーズンに週末家を空ける事もあるみたい。
流石に冬は毎週じゃないけど…。


そういえば…
大阪時代と昨年までタミグラに参戦していた時は、タミグラ運営担当者が毎回同じスタッフさん中心で、イベント催事部な方々は毎年、毎月、毎週(?)の様にそういう出張をやっているんだな~、と感心した事がありましたが…

つまりはそういう事ですか、
これが裏方さんならではの宿命ですね…( ̄ー ̄;)



とりあえずどうなるのかまだ分かりません。
あくまで妄想推測色々の話(笑
それまではコレまで通りー…です、ハイ (*´∀`)ノ


スポンサーサイト

■運動の秋、ゴーカート大会。■

本日はHOKUSEIサーキット(三重県)でPGTC第5戦が開催されましたね。
結果はまだ分かりません、公式サイトのレースレポートや参加・見学した方々のブログが楽しみです。


僕はと言うと、9月頭から毎週末仕事でサーキット営業や趣味のラジ活動などで家を常に空けていたので、今日はPGTC方面その他を我慢して自宅の手伝いその他でマッタリと。

久々にゆっくり時間も出来たので先週末の東京上京時の大量の写真を整理して、日曜日(10月11日)の日記をまとめてみました。



■ゴーカート大会でモータースポーツの楽しさを伝える。■

10月11日(日曜日)は東京都内にあるカート場『シティカート』さん(レンタルカート営業)を3時間貸し切って、仲間内でゴーカート大会(主催・幹事)をやりました。


関東圏のレース仲間や当時大阪&東京在住時の友人達が集まり、走行参加者31名+見学(付き添い含む)約15名前後と本当に多くの方々に参加頂きました。


20091011_DSC01101.jpg
↑雲一つ無い快晴振り。

えぇ、第9回目にして『初』の快挙です (*´∀`)ノ

過去8回のゴーカート大会はいずれも雨の雰囲気を臭わせる曇り空か、雨が降るか、明け方まで降って水たまりだらけになるか、台風で中止になるかなどなど…
晴れらしい晴れ天気の下で開催出来ずに居ました。


20091011_1247637452_55.jpg
↑今回ばかりはこのオフザケTシャツの効果も虚しかったw



20091011_cup01.jpg
↑スポンサー様が付いたお陰で豪華なトロフィーが用意されました。



20091011_DSC01102.jpg
↑4スト200ccエンジン(リコイル搭載)を載せたトルクフルなゴーカート。

最高速60km程(体感速度は80~100km/hほど?)の初心者向け。
フレームも大きくて安定感があるので初めてでも安心して乗れます。



20091011_DSC01148.jpg
↑彩り色々のレーシングスーツ&ヘルメット

基本的にレンタルカートを楽しむ集まりなので初心者が圧倒的に多いのですが、中には本職の人も居ればレース好きが高じて自前のレーシングスーツやヘルメットを用意する人も居るので大会を華やかにしてくれてます。



20091011_DSC01157.jpg

20091011_DSC01162.jpg
↑僕もこんな風に派手な組み合わせ(黄色ベース)

約3年前にFIA公認でオーダーメイド(自デザイン)して、最高峰のF1にも出られちゃう乗れちゃうレベルに仕上げて貰いました。
耐久レースとかでたまにFIA公認ルールをレギュレーションに入れる主催者が居るので、スーツ2着持つとか勿体ないしどうせならってことで『ついカッとなってやっちゃった。』って感じ?(`・ω・´)



20091011_DSC01163.jpg

20091011_DSC01164.jpg

20091011_SANY0103.jpg

20091011_SANY0111.jpg

20091011_SANY0114.jpg


朝9時30分集合の、10時からフリー走行(練習)で皆さん沢山練習をして頂きました。

こういうゴーカートは意外とハンドルが重くて、初心者の方の場合そのハンドルを力一杯握って強引に回すので5分間の走行を2回もすれば手の平が痺れたりして満足に物が持てなくなる位に握力低下が起きてしまい、沢山といっても連続走行では2~3回が限界かも(休憩を挟んで間隔を開ければその限りではありません)
慣れてくると無理な力を入れないでハンドルを握れるので、そうなると連続で走行を繰り返しても手の疲れは殆ど出なくなります。


小休憩を挟んで、今度は予選を5分間走行。
1ラップのベストタイムで決勝グリッドを決めるベストラップ方式。

やってる事はラジコンレースと変わりませんね (*´∀`)ノ



20091011_SANY0120.jpg

プランター・イン↓
(中身は空っぽ)



20091011_SANY0121.jpg

カート場のアイドル『バラクラブラザーズ』www


昨年のスーパー耐久参戦チーム『Team GETWIN』のピット内にて突如誕生した荒ぶるバラクラマン。
元は普通のピットスタッフ、給油用に耐火マスクを被ると突如発狂してピット内で荒ぶるという役立た…いえいえ、チームのムードメーカーですww


バラクラマンだけど、カートに乗ると速いんだコレが…(^^;)



20091011_SANY0125.jpg

いよいよ決勝レースのスタート。
31名を、B~Fクラス(予選7~31位まで)を5名枠で振り分け、Aクラス(予選1~6位)を6名枠にしました。
(※レンタルカート場側が用意出来る台数が最大6台なので。)

C~Fクラスは10周の周回レース、Bクラスは12周、Aクラスは15周で争われます。



20091011_SANY0126.jpg

20091011_SANY0129.jpg

20091011_SANY0139.jpg

20091011_SANY0140.jpg

20091011_SANY0142.jpg

20091011_SANY0144.jpg

20091011_SANY0150.jpg
↑今回、初の外国人参加者(張さん)です。

カート大会に興味があるので参加させて下さいって事でコンタクト頂きました。
IT系の仕事で中国から来日、年内まで神奈川在住との事。
日本語が上手で色々とお話頂きました。



20091011_SANY0152.jpg

20091011_SANY0154.jpg

20091011_SANY0156.jpg

20091011_SANY0158.jpg

20091011_SANY0159.jpg

20091011_SANY0161.jpg

20091011_SANY0163.jpg

B~Fクラスまで白熱したレース展開となり、走らせる方も見学する方も大変盛り上がってました。
楽しんで頂けてる様で何よりです。


そして最後は予選1~6位までのドライバーが集まるAクラスの決勝(15周)


20091011_SANY0164.jpg

20091011_SANY0166.jpg

先頭を走るのは過去大会で圧倒的勝率&TQ率のアメ君。
今大会も余裕のポールポジション。
今春岡山に遊びに来てくれた人です(笑)
参加メンバー内で一番安定した強さ・速さを持ってて常に優勝候補。

後続は自動車専門学校(二輪学科)講師のしのりんさん(予選2位)
いつも上京時にお世話になってます m(_ _)m
子供の頃から四輪・二輪に精通していて親子三代でレース家族。
息子のハヤト君の教育や如何に??w


20091011_SANY0167.jpg

20091011_SANY0165.jpg

前を行く黄色いのが僕(予選3位)
その後ろの青い人は、先月レースで岡山にやって来た渡辺さん(予選4位)

箱車では上手くて速い人で僕なんて全然相手になりませんが、唯一カートだけは少し僕に分があります (*´∀`)ノ
(コレくらいしか自慢出来ない・苦笑)




↑予選1~6位までのドライバーで組まれるAクラス枠。
 決勝スタート~ゴールまで、15周/約10分ノーカット動画です。

誰かアメ君をギャフンと言わせて欲しいといわんばかり。
帝王アメ君の余裕ある強さは誰にも止められない。

いや、もう本当に誰かコイツを止めてくれw

そして、僕が如何にしてヘタレなのかが良く分かる動画… orz




↑Aクラスゴール後の一場面(約1分弱)



20091011_SANY0169.jpg

20091011_SANY0171.jpg
↑Aクラス表彰台、
 左:2位しのりんさん、中央:優勝アメ君、右:3位ピコたんさん

 そして4位は渡辺さん、5位は僕、6位がTECさんでした。


動画にある通り、決勝レースで3~4位を走っていた僕と渡辺さんはお互いヒートアップし過ぎて途中でスピンしたりタイヤバリアにぶつかったりしている所を、後続5位を安定して走っていたピコたんさんが悠々と抜いて3位でそのままゴールというもの。

なんかもう…
普段のラジレースと全然変わらねーな orz




20091011_SANY0168.jpg
↑各クラスの表彰台用にシャンパンを数本。
 流石にF1とかに出てくる様な巨大なボトルは無理!
 普通に安物で用意しても1本1万を超えるって聞くしね…(^^;)



20091011_SANY0172.jpg
↑皆で持ち寄った景品(グッズ類・プラモ・本・ミニカーなどなど)を漁る。
 僕はパワーオンさん主催のRCレースで頂いたRC戦艦やプラモにミニカーなどを。



20091011_SANY0173.jpg
↑記念に1枚~ (゜∀゜)ノシ

 ・走行参加者31名
 ・見学者(付き添い含)約15名前後
 ・景品にご協力頂きましたスポンサー様各位
 ・当日の運営お手伝い頂いた友人達


幹事として至らない部分が多々あったことと思います、手伝って貰わないと何一つ上手く出来ていなかった部分があったことと思います、…というかもう1人では何一つ出来ません(苦笑)
全ての参加者様のご協力によりスムーズな進行が出来まして、無事終えられる事が出来ました。
本当にありがとうございました m(_ _)m
そしてお疲れ様でした。

(写真協力:張さん/動画撮影:M岡さん、感謝感謝。)




って事で、無事ゴーカート大会が終わりました。
この後はしのりんさんがお台場のモータースポーツジャパン(MSJ)会場で15時から仕事が入っているという事でそちらに同行する事に。
(ゴーカート大会の荷物などの保管を彼宅にお願いしている関係で)



20091011_SANY0174.jpg

20091011_SANY0179.jpg

20091011_SANY0180.jpg


日本が誇る最新フォーミュラカーやGT車両をはじめ往年の名車が沢山の、モータースポーツの裾野をもっともっと広げていきたいとするのが目的らしいこのイベント。
入場料無料で入ることが出来るので観客さん入りも良く、盛り上がりも大きく楽しそうな雰囲気が伝わってきます。
(但しデモラン観戦会場は別料金でした。)



夜はそのMSJを見に来た人達と一緒に品川で呑み会。
夜行バス発車ギリギリまで飲み食いして楽しいヒトトキを満喫。
(今回の上京手段は行きも帰りも夜行バスでした。)



20091011_SANY0208.jpg

最後の最後まで付き合って頂いた面々(一部)
夜行バスに向かって万歳三唱やったかと思えば
今度はブーイングの嵐。

…(・∀・;) キサマラー

と言うかね、恥ずかしいからヤメレwww
他の乗客に迷惑じゃねーかw





なにわともあれ、前日の幕張メッセで行われたプラモデルラジコンショー2009と併せてお付き合い頂きました方々、2日間本当にお世話になりました。
ありがとうございました。

また上京する時を楽しみにしてます~。



■プララジショーに行ってきました。■

先週末の土曜日(10月10日)は千葉県は幕張メッセへ、2009 第49回 全日本模型ホビーショー(通称プララジショー)へ行ってました。



11日の日曜日に東京で本来の目的があるのですが、前日に東京入りしたのでついでにプララジショーに見に行こうって事で東京在住のレース仲間しのりんさん&お子さんの3人で会場へ。

9月半ばのタミヤ模型のメールマガジンの話ですが、プララジショーの招待券が当たる(25組50名)アンケートがあったのでそれに応募すると見事招待券が当たりまして、ご招待されてきました(笑)



※この日記にある写真は全て拡大表示可能(幅600pix対応)

20091010_SANY0001.jpg

20091010_SANY0000.jpg
↑午前10時開場、開場と共にお客さんで賑わってました。



しのりんさんはお子さんハヤト君と一緒に、ハヤト君がバイクのオモチャを欲している様でショー特売を探すとのことで最初はお互い自由行動に。
(親子三代で2輪&4輪レースに精通するレース家族・笑)


僕の目的は京商&KOのブース。
GPツーリングやハチイチレーシングの事や、KOプロポの新製品の話を聞きたくて行って来ました。
まずは最初に見えたKOプロポ(近藤科学)から。


20091010_SANY0003.jpg

20091010_SANY0004.jpg
↑今冬新発売のEX-10ユーラス(モジュール方式)


従来のEX-10ヘリオス(2.4GHz)に比べて3倍の高速化が売りのD.D.S.(ダイレクトデジタルシステム/2.4GHz専用)は、僕が所有しているEX-1 UR(2.4GHz)のウルトラレスポンスの処理速度から比較すると実に1.5~2倍の高速化だそうです。

URでも十分速いと思ってたのに、上には上があるんですねぇ(驚!)

URのレスポンスがピクピクする超高速反応だとすれば、D.D.S.はリニア(スムーズ)に超高速反応とのこと。
実際に反応速度を体感してみると、素人なりの感想で言えば気持ち悪いくらいにスムーズになっている風でした。


3倍速いシステム、
なるほどヘリオスとは違うのですね。



プロポデザイン自体はヘリオスベース、ステアリングのマルチアングルエクステンションは従来と同じ、スロットルには新開発のマルチアングルトリガーを装備。
EX-10ヘリオスユーザーは違和感なくスイッチ出来る仕上がりでした。

他社さんみたいに
2.4GHz専用筐体にしないんですか?って聞くと

KOスタッフさん
・専用筐体にする必要性が全く無い。
・これまでの財産
(モジュール方式)を大事にしたい。


この2点を強くアピールされてました。
従来の27&40MHzやミニッツなどのモジュールタイプをそのまま使える様にして、ユーザーに何台もプロポを持って貰わなくても良い様に、という配慮があるようです。
※D.D.S.の高速処理は2.4GHz専用なので、従来モジュールを挿しても処理速度はそのモジュールが持つ従来の速度のままだそうです。

残念に思ったのが、このD.D.S.方式を実現出来る2.4GHzのモジュールをEX-1 URやスティックプロポのエスプリ3に使えないということ。
現状ではユーラス専用モデルという(あるいはこの先の新モデルに対して使用)



20091010_SANY0002.jpg
↑今冬新発売の2.4GHz専用受信機:KR-210S(2ch)


定価¥4,725-(税込)という、
現在最安の2.4GHz専用受信機(驚!)


2.4GHz専用の受信機って、ダイバー式アンテナを採用したタイプだと他社さん含め定価が1万円超えが当たり前の中で、KOはこの夏に8千円を切る安いタイプ(KR-407S)を出してきたと思ったら、今冬は遂に5千円を切るタイプを出して来ました。
(安価タイプはノーマルアンテナ式なので、ボディ外に真っ直ぐ立てる必要有。)

実売¥3,500~4,000-台?

初心者に嬉しい価格帯、セカンドカー用として買い易くなってかなり嬉しい!って思いました。

コストを下げた為か、重量こそ従来の小型受信機とほぼ変わりませんが(従来比+0.3g)、組まれる部品の違いで受信機本体の幅が少し広がってました(従来比約6mm位)

コストを下げる事で安くしているという点が気になって、
どのカテゴリーにも使用OKですか?って聞くと…

KOスタッフさん
・あくまでセカンドカーに留めて下さい。
・ブラシレスでいう3.5Tや4.5Tクラスなど
 高出力モーター使用時は使わないで下さい。


電圧対応が、従来のKR-408S/KR-407Sと新製品のKR-409Sに比べて幅が狭いからと言う。
聞けば、電動カーの場合は高出力モーターを回す瞬時に受信機に流れる電圧が一瞬2.4Vとかに落ち込むらしく、瞬間的な低電圧によって操作不能・ノーコン症状を引き起こすけども従来タイプ&新製品(409S)はこれをカバー出来るだけの対応が出来ているからノーコンにならないと言う。
KR-210Sはコストダウンによって安く出来たけどもこの対応が出来ないレベルだそうで、あくまでセカンドカー的な扱いでお願いします、というのがある様です。
(カタログ上では全ての2.4GHz受信機が電源電圧/4.8V~7.4Vと表示)

じゃあ、GPカーなどは6V以上の受信機バッテリーを持っているから電動カーみたいな事にはならないですよね?って聞いたのですが、

KOスタッフさん
・GPも電圧低下時の症状は
 同じなので出来れば避けて欲しい。


つまり、あくまで初心者向け・セカンドカー向けレベルであり、競技用RCには最低でもKR-407Sを買って下さいとの事でした。
エンジンカーの場合はケースバイケースみたいな言い方をされた。

う~ん、折角のニューバリューに一瞬興奮しましたが…(^^;)
まぁ、家にはタミヤ・グラスホッパーやM-03カーなどお遊び用のRCが何台かあるので、これらを復活させたい・遊びたい時に使えれば良いかなぁ?って事で。
とりあえず1個は買ってみようかと、早速お店に注文しようかな (*´∀`)ノ



20091010_SANY0009.jpg


KOブースの次は京商ブース。
早速GPツーリング&レーシングのコーナーへ。

GPツーリングは、V-one RRRの次モデルを期待していましたが、そういう発表はありませんでした (´・ω・`)

しかし新製品V-one RRR/SHIMOエディションがあったのでコチラに注目。
SHIMOエディションに使われる新パーツは、限定カラーではなくなるけども一般販売してくれるというので要チェックですね!


20091010_SANY0008.jpg
↑京商ワークスの下高章さん、撮影に応じて頂きました♪


今思うと、ツーショットしとけば良かったと… orz

このコーナーを担当している下さんと色々とお話頂けました♪
日本の、いえ、世界の下さんですから、それはもうドキドキと緊張度MAXの状態で『世界戦と日本選手権お疲れ様でした云々、春からGPツーリングを、秋からハチイチレーシングを始めたこと、来年のSPKレースに来られるのを楽しみにしています、RRRやM3の質問、…』などなど…。

ほんの10分少々の出来事でしたが、いやぁ、緊張した (^^;)



20091010_SANY0010.jpg

20091010_SANY0019.jpg
↑京商が久々にバッグを、既に10月発売で動いているようです。


1/8サイズ用(エボルバ&インファーノ収容可能)…¥8,400-(税込)
1/10サイズ用(EP&GP-ON&OFFカー収容可能)…¥7,150-(税込)


共に最近流行りのプラ段ボールタイプ(3段タイプ)
フタは上開き、キャリーカート使用を想定したアウター設計とのこと。

うぁ…いいなぁ、
バッグもう間に合ってるけども…いいなぁ欲しいなぁ (*´∀`)ノ



20091010_SANY0025.jpg

20091010_SANY0026.jpg

何か変なミニッツだなぁと思ったら、単4電池4本の代わりに次世代バッテリー/Li-Feバッテリーが載ってました。
こんなミニサイズにもLi-Feなんだ?
バッテリー管理がどんどん簡単になっていきますね~。

そのうち、ミニ四駆の世界にもLi-Feなんじゃね?って思うくらい。



20091010_SANY0040.jpg
↑OS SPEEDオリジナルの工具セットが展示されてました(参考出品)


ここ数年でRC界には色々なメーカーから工具が出てますね~。
工具の精度も上がり、価格も安いのから高いのまでピンキリ、メーカーカラーで出されるとそのメーカーのファンは物欲炸裂して全サイズ欲しくて欲しくてたまらない汁を垂らすなどなど、なんとも罪作りなシリーズ(笑)

実車モータースポーツの世界でもスナップオンとかKTCとかマックツールとか色々あり、メカニックがエンドユーザーが拘ってます。
安物で整備すると精度悪くて整備出来ないし、なによりも部品が車が壊れるし、根は同じなんですね~。



20091010_SANY0093.jpg
↑ヤングパワー炸裂中の世界チャンピオンのお二人さん。
 (左:松倉直人君/右:松崎隼人君、写真ありがとうございます♪)


色々なメーカーを歩いていると、YOKOMOブースで目に止まったのがコレ。


20091010_SANY0043.jpg

20091010_SANY0042.jpg

20091010_SANY0044.jpg

20091010_SANY0045.jpg


まるでプラモデルのリアルな造形をそのままRCカーにしたかの様な形にビックリしました。
ブースに北川直哉さんが居たので話を聞いてみると…

・あくまで参考出品であり来年発売に向けて形はどんどん変わる予定
・サスペンション形状は現物(写真)のままいきたい
・ボディはプラスチック製で完成済でいきたい
・サイドカウルを外すとエンジンを見せたい
・従来のRCフォーミュラカーでは出来なかった事をやる
・サスペンションは実車セットがそのまま通用するものにする


などなど…

話を聞いてると、買いたくなる、組み立てたくなる、触りたくなる(笑)


20091011_SANY0205.jpg
↑これは完成イメージをここまで近づける事が出来るって事?!
(写真は10月11日のお台場/モータースポーツジャパン会場にて)

競技系RCにはない、組む・触る・走らせる楽しさを追求しようとしている風に感じられました。



20091010_SANY0049.jpg
↑1/10RC F104シリーズの新作『フェラーリF60』


流石は世界のタミヤ、ポリカ成形でサイドカウルの絞り込みをここまでの再現をするとは…。

確かこの手法って最初はシェブロンモデルズさんのF1ボディなんですよね?

佐藤社長のアイデアってやっぱり凄いわ~(尊敬



20091010_SANY0056.jpg
↑期間限定のフェラーリレッド(ポリカ・プラ用共に)

聞けばこのフェラーリレッドって若干ラメが入ってるとのこと。
フェラーリ本社で色のデータを入手しての調合という本気振りが凄い。

二十歳の時、そんなタミヤの模型に対する本気度に惚れて憧れて試験を受けに行ったのは、今ではいい思い出ですね~ (*´∀`)ノ


20091010_SANY0069.jpg
↑懐かしいダッシュ四駆郎シリーズ。

20091010_SANY0070.jpg
↑小学生の時、マンガの影響でエンペラーというミニ四駆が凄い好きでした。

当時は田舎には近所にオモチャ屋が無くて普通に手に入れられない時代。
隣町の神戸屋(当時/今はイズミ)のオモチャ売り場が唯一のお店で、発売間もない頃って入荷数は1個2個とかそんなん。
注文するって概念も無かったので、奇跡的に1個だけ残ってて手に入れられた時の感動は今でも忘れません (^^;)




プララジショー会場は出展メーカーが静岡ホビーショーよりも少ないので、一通り見て回るだけなら3時間もあれば終わっちゃう感じ。
隅々まで細かく見れば1日掛かりですが、ラジコンメインでプラモ少々だとこんな感じ。
途中、O林さんとお連れさんと合流して立ち話も。

しのりんさんとハヤト君とも合流してRCメーカーのデモンストレーションを一緒に見たりしてプララジショーを満喫。




そして会場を出るとき、最後の最後で幕張メッセ内の別会場で懐かしい大会が行われているのが目に入りました。







全日本ロボット相撲大会、いわゆるロボコンの一種です。

ラジコン型(プロポ操縦式)と自立型(CPU搭載自走式)の2種類に分かれ、20cm四方(高さ制限無)/重さ3kg以内という制限の中でロボットを作り、土俵の上から相手を押し出す又はひっくり返して自走不可にしたら勝ち、というもの。

この関東大会の高校生達を見てて当時を思い出す。

工業高校生だった当時、3年の時の課題でイチからラジコン型ロボットを作りあげて中国地方の大会に出場した事があります。
何回戦か勝ち上がるも途中で敗退、同級生が最後まで勝ち上がって全国大会枠を取った時は、オメデタイ以上にそりゃもう悔しかった (´・ω・`)




11日の私用を前に、久々のホビーショーを満喫出来て良かった良かった。
あとは11月頭に発売される各RC雑誌のホビーショー特集でチェック、見逃してるモノやメディア向け発表などを要チェックです。

しかし…こういうイベントを歩くと色々な新製品が欲しくなってくるのでかなり厄介ですね~ (*´∀`)ノ


■ハチイチレースデビュー&クラッシュ。■

※二日連続で深夜に日記書いてる最中に寝落ち…。
 歳は取りたくないですね~…(;´Д`)ノ




10月4日、SPK(四国/香川県)でハチイチレーシングのレース参戦してきました。
(ハチイチレーシングのデビューレースでした。)




■10月3日(土):前日練習。■
前日はタンク商会と一緒に動きたかったのですが、残念ながらお仕事で夜入りとの事。
午前中は用事が入ってしまい朝から動けず、午後からSPK入りして練習の準備に入ります。
山陰ハッスル部隊の隊長ことH田さんと4号Y崎さん、四国のサムライレーシング所属のヒー坊さんと共に4人で練習となりました。


20091003-04_SANY0158.jpg

9月のデビュー走行以来半月振りのハチイチ、しばらく感覚を思い出すのにオッカナビックリな感じもしましたが、徐々に慣れ始めていくと走行タイムも数周は22秒台を出せるようになってました。

極力ぶつけない様に、タイム云々より今はぶつけないで慣らして安定させる事を優先としているつもりでしたが、なかなかどうしてバラツキが目立って上手くいかず。
考えれば考えるほど混乱している自分が居る…(^^;)

ラインがまだ安定しませんが、でもリズム良く周回出来る様になってくると22秒台前半~半ばを連続して出せるようになってきて、練習後半からはついに21秒台を数周ほど連続して出せるようになってきているのでかなりビックリ??
(一周だけですが21秒1台が出て驚いた)

そして、
この日初めて登山も経験しました(恥)
バックストレートからのコーナー侵入でウッカリステアミスを犯して軽く登山。
ふもとで止まったので車へのダメージも無く助かりました(^^;)



夕方4時過ぎ、走らせててかなり楽しくなってきたのでもうちょっとラインを安定させる事が出来ればと思って、もう1タンク、もう2タンクと走らせてたら…


最終コーナー手前の、コの字ラインを描くコーナーを抜けた所で急に車が
プスンッて止まった。


あれ?
燃欠??
満タン走行開始直後よ???

プラグ切れた?
うわ、プラグ落ちってヤツ??(まだ未経験)

まさか、エンジンブロー?
え、でもブローする時って異音発して止まるんでしょ??
カンッ!とかそういう、一瞬鳴る嫌な金属部品の破壊音…


今回のは、なんの前触れも異音発生も無くいきなりでした。


車を回収してフライホイールを触ってみると…
フライがゴリッ…ゴリッ…って感触で全然回ってくれない orz

あぁ、コンロッドか何かが逝ったかなこりゃ…



20091003-04_SANY0115.jpg
↑バックプレートを開けると破片と御対面~ヽ(A`;)ノ


あぁあぁぁぁ…
折角のショウキ君SPエンジンが…m(_ _)m スミマセン





エンジンヘッドを外してピストン側から見ると綺麗な感じだった。
でも、ピストンはスリーブにかじり付いてピクリとも動かなかった。
コンロッドをなんとか引っこ抜いてピストン裏側を見ると…、ピストンスカートが原形を留めていなかった。


20091003-04_SANY0119.jpg
↑かじったピストンをガンガン叩いて強制的に内部部品を取り出し。


見事なまでの破壊っぷり。

( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \
もうね、笑ってないとやってらんない自分の情けなさ?

でも、笑ってる場合じゃなく本当にエンジンをなんとかしなければ翌日のレースに出られない訳で。

よしとこさんのスペアエンジンを借りるか、それとも何か方法が無いかとまだ岡山に居るタンク会長に電話してみる。



20091003-04_SANY0120.jpg
↑タンク会長所有のノバロッシのプラスエンジンを譲って頂く事に m(_ _)m


このエンジン、詳しいスペックは存じませんが
かなり凄いらしいです。
…えと、初心者ですが大丈夫ですか?
燃調を甘めにして徐々に徐々にー…(*´∀`)ノ


夜、ホテルSPKでレース用タイヤの接着・準備と車のメンテナンスをして、タンク商会御一行と合流&エンジンを受け取ってクラッチ移植をして車に載せて準備完了。


夜な夜なホテルSPKでは車の整備や色々な会話で弾み楽しんでいましたが、睡魔に勝てず早々にダウンしちゃいました。
皆さん元気過ぎです (^^;)





■10月4日(土):レース当日。■


20091003-04_SANY0121.jpg

綺麗に晴れました。
夜中に軽く降ったか朝露かという具合のチョイ濡れ風の路面状態、朝の内はグリップしないのではとちょっと気になりました。



20091003-04_SANY0122.jpg

ホテルSPKでの寝起きが酷かったのか、恥ずかしながら頭がボーッとしてなかなか行動を起こせませんでした。

ピットテーブルも右側から順に陣取っていくので、既に朝からピットは人でいっぱい。
いつものタンク商会陣営を組むつもりがうっかり外れてしまったので、空いてるスペースでピットを組むとそこは四国のサムライレーシングの皆さんの集まりになっちゃいました。

いつもとは違ったピット環境になりましたが、たまには違ったピット現場も経験出来ればという事で皆さんに御挨拶して走行準備を。

A田さんに色々とお話頂いてリラックスしてレースに挑むことが出来ました。



20091003-04_SANY0123.jpg

今回はレース準備で色々と入り用だったのでレース用のスポンジタイヤは2セットしか用意出来ず。
1セットを予選5分×3回に使い分け、残り1セットを決勝15分用に。

そのレース用に使うタイヤを、走行前の準備として決められた径に削る作業があります。
以前他の方々がやっている姿を横で一緒に見ていたので大体のことは見知っていたのですが、いざやろうとするとなかなかどうして…コツが良く分からずでしたのでY崎さんに指導を頂きながら、見て頂きながら作業を進めていく。

これは…慣れてくると楽しい作業ですね~(*´∀`)ノ

会社で旋盤使って部品加工をする時も削れていく様子がなかなかどうして、自分の思い通りの形になっていくのが見ていて楽しいのですww




20091003-04_SANY0125.jpg

20091003-04_SANY0126.jpg

20091003-04_SANY0124.jpg

今回のGPツーリング・オープンクラスは計3名の参加と非常に寂しいものでした。
(上からリン君・あっくん・M宅さん)


僕も参加したかったのですが、今回が初めてのハチイチレーシングでのレースだったのでとてもとてもダブルエントリーする余裕が持てませんでした。
絶対いっぱいいっぱいになるのが目に見えてましたし、そしてなによりも一番の理由がタイヤ代を2台分用意する余裕が全く無いから、でした…(^^;)



20091003-04_SANY0128.jpg
↑無限MRX使いの師匠(タンク会長)&弟子(よしとこさん)の図。

この日、凄まじい師弟関係で鬼の様な地獄特訓が行われていました。
その結果、よしとこさんのレベルが予選から急上昇して周囲をビックリさせていました。



20091003-04_SANY0130.jpg

20091003-04_SANY0131.jpg

20091003-04_SANY0134.jpg

20091003-04_SANY0136.jpg


僕の参戦クラスはハチイチレーシング:ノービスクラス。
いわゆる初心者の意味らしいのですが

■予選1回目…13周/5分1秒184/ベストラップ21秒125

順調に21秒半ばを連発して周回してたら、
いきなりバックストレートで大車輪開始 Σ(゚Д゚)ゲェッ!
そしてひっくり返って18秒のロス orz
バックストレートを大外まで寄り過ぎて芝生ゾーンへ突っ込んだのが原因でした。
残り周回で巻き返して21秒半ばを繰り返すも13周止まり。
途中のリズム崩れで22秒台が3回も出ていたので、上手くやれていれば15周入ってた?
見事なタラレバ論ですね。・゜゜(´Д⊂ ゜゜・。


■予選2回目…12周/5分11秒107/ベストラップ21秒507

走り出しからエンジンの吹けが悪く2速にも入らず。
助手のタンク会長に燃調を取って貰いながらの予選となり、練習走行に切り替わり。
燃調が上手く取れ始めた辺りから21秒台で周回を続けて終了。
急に燃調が変わってしまうってこういう感じなんですね…。
リンケージの調整も出来ていないとダメ出しを受けてやり直しました。


■予選3回目…14周/5分6秒865/ベストラップ21秒279

何故か走りがオッカナビックリ状態になってしまい(体が気持ち的に硬直状態?)、リズムも無茶苦茶でした。
当然助手のタンク会長にも怒られまくり(反省
22秒台連発だったので、15周なんて入る訳もなく。
逆に言えば、安定して21秒半ばで走れば最低限15周は確保出来る事が分かりました。
上位みたく20秒台に入る走りが出来ればもっと余裕が持てる様になるのですが…、道は遠いですね…。


決勝レースは5番グリッド/7台中、15分の周回レースです。
A田さんから
何処にもぶつけず走れば自然と
上に居るから、落ち着いて行けばエェねん

と落ち着くようアドバイスを頂きました。

落ち着いて…、初めてのハチイチ決勝レース…落ち着いていこう、クラッシュリタイアが一番哀しいのはこれまでも何度も経験してるから、落ち着いて走ろう…。

えぇ…念仏みたく言い聞かせてましたよ…(^^;)




■GPツーリング・オープンクラス決勝(20分)■


と、その前にGPツーリングの決勝レースです。
僕はM宅さんの助手をやりました。

レース開始からリン君とM宅さんが競っていましたが、M宅さんがバックストレート奥を痛恨のコースアウト&プチ登山。
この時の衝撃でリアウィングの足が片方取れてしまう。
スパー舐めのトラブルもありましたが速攻でスパー交換を済ませてレース復帰するも、修理時間が響いて3位でした。


20091003-04_SANY0166.jpg
↑左から3位M宅さん/1位リン君/2位あっくん。

優勝はリン君、おめでと~。




■1/8GPレーシング・ノービス決勝(15分)■


いよいよ自分の番です。
助手はE藤さんにお願いしました。

E藤さんからも落ち着いていけば大丈夫と言って頂きまして、不思議とリラックス出来ました。


5番手スタート、スタートダッシュが上手くいって3位でオープニングラップを帰ってくることが出来ました。

しかし直ぐ後ろが予選4番のサムライレーシングS川さん。
この方は20秒半ばでラップ出来る速い方なので油断出来ません。
初めの数周を後ろからの猛追を凌いでいたのですが、ミスからインを突かれて抜かれてしまいます。
その後方をピタリと着いて行ったのですが、

行ったのですがーッ

インフィールドで壁に当たって
リアサス骨折ッ!!


工エエェェ(゚д゚)ェェエエ工工


マジで~?
うそ、マジで動かない??
ぎゃー、なんてザマだコンチクショー orz



回収された車を受け取って破損箇所を確認。
破損箇所はアッパー側のロッド折れでした(ボールエンド部分のプラパーツ)

直ぐピットに戻って部品ボックスを 漁る、漁る、漁るッ!

ボールエンドにSサイズを使っていたのでSが必要なのですが
予備が全部M&Lばかりッ (ノ ゚Д゚)ノ_┻┻

仕方ないので強制的にMをハメたった。

この段階でレースは残り2分を切っていました。
左右で長さを確認するだけに留め(Mのボールエンドでギリギリ)強制的に再出走開始。
同じ長さと言えど微妙なキャンバーの狂いは承知で走らせました。
僅かに右寄りになりながらもなんとか凌いで15分経過、優勝Y崎さんの42周に対して僅か12周ではありますが半ば強引に完走扱いのつもりです…(´・ω・`)



20091003-04_SANY0167.jpg
↑左から3位よしとこさん/1位Y崎さん/2位ヒー坊さん。

Y崎さんおめでとうございます!
ヒー坊さんも全日本ランカーの速さが光ってました。
よしとこさんは今日のレベルアップからするともっと上を狙えていたかも知れません、流石の一言でした。
皆さん本当におめでとうございます!



はぁ~…
折角のデビューレースを、最後の最後でクラッシュ劇。
決勝前まで壊さずに来ていただけに、情けないの一言。
レース中も特にとっ散らかる事なく走らせてたのに…。

う~ん…
ひとつ言い訳があるとすれば、西日とサングラス?
今回、午後の夕方近くの決勝レースという事で西日を気にしてサングラス(度付)を着用してレースに挑みました。
西日に対しては全然眩しくなくて良かったのですが、バックストレート奥やインフィールドの丁度薄暗く見える区間がサングラスでは逆に暗くなって見えにくくなるというハプニングが。
薄暗くなる区間ではなんとかボディのピンク&白の明るさに助けられていましたが、コース壁の暗い部分の区別が付かなくなってクラッシュというものでした orz

ぎぎぎ…
ワシ、なさけないのう…くやしいのう…('A`)





■1/8GPレーシング・IMD,EXP,PROクラス決勝(25分)■


このクラスの決勝レースは、SPKにおけるエンジンカーレース最大の見せ場です。

今度は僕がE藤さんの助手を担当する事になりました。
リン君のお父さん・E藤さんも全日本クラスで活躍出来るほど速い人なので、助手ともなると緊張します。


20091003-04_SANY0146.jpg

20091003-04_SANY0147.jpg

20091003-04_SANY0148.jpg

20091003-04_SANY0149.jpg

20091003-04_SANY0151.jpg

20091003-04_SANY0153.jpg

20091003-04_SANY0154.jpg
(写真は全て練習走行/予選走行時のものです。)


5分毎にE藤さんにピットイン(燃料補給)の指示を飛ばし、フューエルガンで素早く給油&リリースを繰り返します。
素早いかどうか、もしかしなくても端から見ればまだまだなのですが…(・∀・;)


E藤さん、レース中は19秒台連発で速いタイムを刻んでいたのですが、何か挙動が安定しない風でもあってあちこちで車をぶつけていたので不安になりながら見守ります。


で、20分経過後…最後のピットインの指示を飛ばす訳ですが


M宅さん、ピットインですーッ!


あれ?????


大慌てで言い直し、
E藤さん、ピットインですッ!!


E藤さん大慌てでホームストレートからピットレーンへ方向転換してピットイン。
僕も当然大慌てで、フューエルガン持たずにE藤さんの車をキャッチしてしまいテンヤワンヤ。
フューエルガンを持ち直して給油してリリースするも大幅タイムロス。


隣でお父ちゃんのピットタイミングをストップウォッチで計っていた
リン君が大爆笑してた。
ショウキ君も大笑い。


うーわ、顔から火が出る思い。
むちゃくちゃ恥ずかしい…(・∀・;)



何故M宅さん?
今でも理由が分かりません…( ̄ー ̄;)



間もなく25分経過でレース終了かという所で、E藤さんの車がクラッシュ&タイヤが吹っ飛ぶ。
大慌てで3コーナー先へ駆け付けて車を回収。
外れたタイヤはフロント側。
付け直して再びコースへ戻すも、インフィールド突入時に再びタイヤ脱落。

良く見てみるとフロントタイヤ固定用の爪が折れて無くなっていました。
幾度のクラッシュの影響でしょうか、残念な結果に終わってしまいました。



20091003-04_SANY0168.jpg
↑左から3位SPK店長さん/1位H田さん/2位A田さん。

助手に集中していたので、このクラスのレース展開は全く把握出来ていません。
上位3名のバトルがかなり熱かったと聞きます。
予選トップだったショウキ君は残念ながらマシントラブル(イモネジの緩みが原因)でリタイアとのこと。
残念無念。




これで本日全てのレースが終了しました。
後片付けをして、皆さんと最後のお話をしつつSPK会長から差し入れを頂きましたコーヒー&お茶でマッタリとコーヒータイム。
本当に最後の最後でホッと一息付けた感じでした。


晩ご飯を食べた後はそれぞれ帰路へ。


最後はタンク会長のハイエースとT木さんのハイエースの後ろに着いて帰ります。
どこまで飛ばすのか着いて行ってみると、皆さん飛ばす飛ばす、瀬戸大橋でもお構いなしの速さ。
自分の車(ランエボ3)のマフラーは普段がウルサイので消音効果を高める為のサイレンサー(蓋)をしているので、4000回転縛りで走るしかなかったので途中で思いっきり引き離されてしまいました…(^^;)




なにわともあれ、SPKでの2日間でお相手頂きました皆様方、練習にレースに参加された皆様方、本当にお疲れ様でした。
そして本当にお世話になりました、ありがとうございました m(_ _)m

初めてのハチイチレースは、決勝結果はアレでしたが、難しい中で楽しさがありましたので次は同じ失敗を繰り返さないようにしてまずは安定した走りを得る為に精進します。
これからもよろしくお願いします。



■久々のバイクレースでした。(※リンク追加しました。)■

※ライダーお二人のブログリンクを追加しました(2009/10/4)※





先週末はまた岡山国際サーキットをウロウロ。
日記にしようにも〆切に追われた一週間…やっと書けました m(_ _)m

…明日からSPK(四国)へ遠征なのに準備まだ終わんない~ヽ(A`;)ノ




■スーパーバイクレース in 岡山(2009年9月27日/日曜日)■


2年振りにバイクレース(スーパーバイクシリーズ/全日本選手権第5戦目)の現場でした。
2007年から個人的にスポンサーしている中木亮輔さんが、岡山国際サーキットに参戦してくるというので、早朝6時半に現地入りして応援(+お手伝い)していました。
(本当は土曜日の予選から行く予定でしたが急用で行けず。)



中木さんとの出会いは2007年6月だか7月までさかのぼります。
当時レース仲間のしのりんさんに
『こんなライダーが居るんだけど、
 チャンピオン取る為に岡山戦が不可欠だけど資金繰りが厳しくて…。』


どんなライダーなのか聞いてみると…

・2002年のマカオGPで優勝
・国内ではワークスチームで600ccなどスーパーバイクで活躍
・一時期活動休止後、2007年よりGP-MONOにてプライベートで復活
・2007年の筑波戦はポールスタート後、転倒して11位までに後退するも
 周回毎に前者を抜きまくって最終ラップで逆転ミラクル勝利

 ↓誰かがアップしたYouTubeでその模様をお届けします(笑)↓



普通に勝つのではなく魅せるレースが出来るライダーが中木さん、という説明を受けて実際に動画を見てバイク雑誌を見てネットで情報を見て、なかなか面白いライダーだなぁという事で、2007年後半よりライダー中木さん&チームとのお付き合いがスタート。



20070825nakaki_sendai_sugo.jpg
↑早速8月の仙台戦(中木さんの地元)に招かれ、目の前でポールto Win!!

後続に6秒の大差を付けてコースレコードまで樹立するという内容でした。
地元の利があるとはいえ、見てて本当に面白いレースをする人でした。



20070930nakaki_okayamakokusai.jpg
↑2007年9月の岡山戦、この年唯一のスポンサー活動でした(遠征資金援助)

予選は文句無しのコースレコード&ポールポジション獲得!
前日~当日朝までの雨でちょい濡れ路面によるレースの中、
前を行くバイクの転倒に巻き込まれてクラッシュ&リタイア orz



20071020nakaki_suzuka.jpg
↑10月の最終戦・鈴鹿戦

仙台戦から再び、決勝中に
コースレコード樹立しながら後続に大差を付けて勝利。



年間最多勝利(3勝)&コースレコード4個樹立の記録尽くめでしたが、しかしプライベート故の資金難で途中の大分戦をキャンセル(遠征資金が出せなかった)などがあり、僅か4P差でシリーズ2位に。
結果としては『惜しくも…』でしたがやはり数々の感動シーンの裏では所々の取りこぼしさえ無ければなどなど『タラレバ論』ですがやっぱり悔しい部分も。
レースの非情さを見せ付けられました。

F1で言うところの2007年のライコネンvsハミルトンvsアロンソの様な、2008年のハミルトンvsマッサの様な感じでしょうか。
各年で取りこぼしレース続きの影響で、いずれも数ポイント差でチャンピオンを決める/逃すというものでしたから、あんな感じで悔しい2007年シーズンでしたね…( ̄ー ̄;)


そんなこんなで2007年後半以降、色々お付き合いさせて頂いて今に至るという訳です。


2007年の活躍でその実力が認められて2008年は2輪の名門モリワキへ移籍して活躍。
開発途上のバイクのセットに苦しみ、2008年は1勝にとどまりシリーズ3位に。
モリワキレーシングが昨今の不況の影響で2009年は参戦カテゴリーを縮小する事になり、中木さんは2009年に新チームへ移籍し女性ライダー丸山美由貴さんとペアを組んでの参戦です。


■※リンク追加(2009/10/4)■
ライダー:中木亮輔さんのブログ
 http://ameblo.jp/ryosuke42/

ライダー:丸山美由貴さんのブログ
 http://maruyamamiyuki.blog84.fc2.com/




20090926-27_SANY0056.jpg
↑左:中木さん/右:丸山さん

丸山さん、バイクの全日本選手権での紅一点。
可愛らしい笑顔と勢いのあるライディングで男女問わずファンが多く人気のライダーです(*´∀`)ノ カワイーヨネ♪



20090926-27_SANY0060.jpg

チームの今シーズンの戦績は地元でのポール(丸山さんと予選1-2独占)&優勝という勢いもあれば、ポールからマシントラブルのリタイヤなど山あり谷ありのシーズン、今年もバイクのセッティングが上手くいかず、そして周囲がどんどん速いライダーばかりが参戦してきて全体のレベルが上がってきたことで例年に無く苦戦している様子です。



20090926-27_SANY0033.jpg
↑2007年10月の鈴鹿最終戦以来、久々にお会いする方々ばかりでした。



20090926-27_SANY0014.jpg

全日本戦のバイククラスは
・JSB1000
・ST600
・GP250
・GP125
・GP-MONO の計5クラス。


中木さんと丸山さんはGP-MONOに参戦中。
環境問題の影響で2ストクラス(GP250/125)が無くなるので、代替(準備)クラスとしてGP-MONO(4スト/250cc)が新設された訳ですが、様々なメーカーがライダーが参入してきている状況で激戦状態のクラスです。



20090926-27_SANY0016.jpg
↑朝から各チームがエンジンコンディション確認中。
 エキゾーストノートが臨場感を掻き立ててくれます♪



20090926-27_SANY0047.jpg
↑何とも派手な蛍光カラーの組み合わせ (^^;)



20090926-27_SANY0082.jpg
↑派手といえばこんなのも、個人的には好きかもー (*´∀`)ノ




さて、いよいよ決勝レースのスタートです。
中木さんと丸山さんの活躍にドキドキです。

20090926-27_SANY0030.jpg
↑中木さんの予選順位は6番手/31台中

20090926-27_SANY0031.jpg
↑丸山さんの予選順位は15番手/31台中

20090926-27_SANY0068.jpg

20090926-27_SANY0061.jpg
↑何故か着ぐるみがwww
 居酒屋さんがスポンサーになると犬や虎の着ぐるみも当たり前???


20090926-27_SANY0071.jpg

20090926-27_SANY0066.jpg
↑パラソルを手にしているのはモータースポーツ系専門学校の生徒さん。

レース仲間しのりんさんが勤める学校の生徒Sヌマ君(二輪学科)で、やる気のある生徒さんにはどんどん現場に行かせて勉強させてる様です。
2年生という事で来年の活躍の場を求めて就活中、密かに中木さんの後ろで狙ってるみたいですよ??www


20090926-27_SANY0075.jpg

20090926-27_SANY0042.jpg

20090926-27_SANY0046.jpg

20090926-27_IMG_0005.jpg


GP-MONOのレース結果は、中木さん4位/丸山さん10位でした。
共に納得いくものでは無く、悔しさが顔に出ていました。

外から見ていても上位3台の仕上がりがかなり良く、4位以下が着いていくのが出来ない速さでした。
そんな中で、それでも中木さんはトップライダーだらけの中での4位争いを制したのですから流石の一言ですが、決勝レースでベストラップが出るという、予選からこのセット出しが出来なかった事など色々な部分で課題が残る内容とのこと。
丸山さんも同じく、何度もセット変更をした結果が決勝でのペース向上という、最初からこれが出来なかった事への反省点だらけだったとのこと。



レースって本当に難しい…(´・ω・`)
ラジコンでもそれは同じ、僕の場合はしなちゃいけない事だらけなので比べること自体が失礼な事かも知れませんが、取り組む姿勢・集中力や周囲への配慮など見習うべき点が多かったので本当に勉強になりました。




20090926-27_SANY0097.jpg
↑お昼はピットウォークの時間。

観戦客がピットレーンに集まってお目当てのライダーやチームを訪問出来る、ファンにとって夢の様な時間です。


20090926-27_SANY0092.jpg

20090926-27_SANY0090.jpg
↑丸山さんの人気振りが凄かった。

写真依頼やサインを書く回数も多く、まさにバイク界のヒロイン


20090926-27_SANY0102.jpg
↑中木さんも同じく人気ライダーなので、ファンが多いです。

20090926-27_SANY0099.jpg
↑二人とも子供に人気があるので見ていて面白かったです。



午後、レースが終わったチームの皆さんに和菓子を差し入れ。

疲れたときは甘いものが良い、敷島堂人気和菓子『夢どら(どら焼き)』が圧倒的人気を誇り、チーム監督のM田さんが帰る前に敷島堂へ買いに行きたいと言って頂けた程。

お店の電話番号(カーナビ用に)を案内して…
よしよし、また1人2人とファンが増えた~♪
てな具合で嬉しかったですw
僕自身が敷島堂好きなので、これからも他県の人には布教して逝くだ~(*´∀`)ノ



なにわともあれ、ライダーのお二人さん、チームの皆さん、他ライダー&チームの皆さん、観客の皆さんなどなど、残暑な暑さの中で皆さん本当にお疲れ様でした。

再来週末(10/17~18)がツインリンクもてぎで第6戦、月末(10/31~11/1)が鈴鹿サーキットで最終戦第7戦目です。
中木さんの今シーズンのチャンピオンシップにおいて自力チャンプが不可能となった今、出来る限りの事をしてポイントを稼ぎシリーズ上位のまま締めたい所でしょう。
残り2戦、
お二人の活躍をドラマを期待しています (`・ω・´)ノシ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。