スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■フジTV『ほこ×たて』での『ラジコンvsスナイパー』ヤラセ問題について。■

hirosaka_legend.jpg

※ヨコモ公式サイトがアクセス集中によるサーバーダウンの為
 公式文章を一旦削除されたそうです。(広坂正美さんの呟きより確認)
 その内容を転載にてRCファンの皆さんにご案内します。

■ R/Cカーのヨコモ・ホームページ内・公式見解 ■
http://www.teamyokomo.com/topics/13/131023_hokotate/131023_hokotate.html

ラジコン愛好家の皆様へ ≪お詫び≫
 2013年10月23日

 2013年10月20日(日)にフジテレビ系で放送された、バラエティ番組 『ほこ×たて 2時間スペシャル!スナイパー軍団 VS ラジコン軍団』 にラジコン カーで出演した広坂正美です。今回偽造された編集内容が余りにも酷かった為、事実をお知らせする事に致しました。

 まず、放送された内容は次の通りでした。

「スナイパーと ラジコンカーの対戦において、スナイパー が銃弾を命中させて勝利」

 この内容は全くの作り物です。ラジコンボートの3連勝と、ラジコン ヘリコプターの負けは放送された通りですが、実際の撮影、対決の順番はラジコン ボートが最初で3連勝 !! 

 当初番組で決めていた対決のルールでは、ラジコンヘリもラジコンカーの対決もすること無く、ボートの3連勝達成時点で、ラジコン軍団の勝利が決定。番組は終了となる筈でした。
 そこで編集者は、ヘリ、カー、ボートの対決も見せられるように順番の入れ替えを行いました。
 しかし、ラジコン カーでは撮影中のアクシデントにより、事実上の対決は中止となったにも拘らず、放送ではラジコン カーがスナイパーに撃たれ負けた事にされ、最後の対決にボートが登場。結果は最後の対決、ボートの3連勝でラジコン軍団の勝利決定と放映されました。

 ところがアメリカの撮影ロケ現場で起こったラジコンカーとの対決の真相は全く異なるのです。

 放送された内容では、男性スナイパーのクリスさんが、ラジコンカーの広坂に勝利したことになっておりましたが、クリスさんとの対戦はしておらず、対戦することになっていた相手の方は女性スナイパーのレアさんでしたが、なんとスナイパーさえも入れ替わり取り決めも無視されました。

 撮影本番前に制作会社側よりレアさんと私に次のルール1,2,3が提示されました。

1. 2分間一本勝負
2. 最初の1分間は撃ってもよいが、決してラジコンに当ててはならないという内々の取り決め
3. 実際の真剣勝負は残りの1分間で、1分間の中で3発のみ撃てる
(補足:放送では1のみが公表され、2 と 3は非公表でした。)

 以上のルールで撮影がスタートしました。するとスタート直後の僅か数秒で、本来なら1分間は狙ってはいけないラジコンカーに向け銃弾が撃ち込まれたのです。予想外の銃撃により、弾がラジコンカーに命中してボディが飛び散り外れてしまったのです。更に2発目の弾がバッテリーに命中しラジコンがストップ、その後有ろう事か立て続けに連射、1分経たずにラジコンカーはバラバラに破壊されてしまったのです。撮影は一旦中断し、すぐにスナイパーが私のところまで謝りに来たので、「何故撃ってしまったのですか?」と尋ねましたところ、「弾が当たってしまいました。すると後ろからKILL(殺せ!)と言う声が聞こえてきたので、つい連射してしまいました。ごめんなさい」との返答でした。

 その後、ラジコンカーを現場で元通りに直すことが出来なかった事もあり、制作スタッフに対し同番組への出演辞退を申し出ました。それと同時に、今度はスナイパー側より 「弾の数を5発に変更、もしくはショットガン(散弾銃)を使わせてくれなければ対戦出来ない」 との要求もあり、スナイパー側と、制作スタッフ側との折り合いもつかず、結局 「スナイパー VS ラジコンカー」の対決はここで中止となってしまったのです。よって「スナイパー VS ラジコンカー」の実際のルールに則った対戦は存在していないのです。しかも放映された男性スナイパーとラジコンカーの対決、撮影等は全く行われ無かったのです。

 (補足:男性スナイパーのクリスさんと広坂の出会いのシーンで二人が会話をしている映像がありましたが、それは女性スナイパーがもし広坂に負けた時には、次にクリスさんが登場する予定だったため、事前に別途撮影していたものを上手く編集で繋ぎ合わせたものです。)

 そしてこれらの内容を偽造して編集したものが10月20日に放送されたのです。
実は放送される直前に、制作会社の担当者より編集内容を知らされた際、あまりにも曲げられて作られていたため、編集責任者に対し「反則した相手が負けになるのであればまだ納得出来ますが、もしこの内容で放送された際には、事実を発表します」と忠告し、内容を偽って作らないよう要請していたのですが、非常に残念な事に偽造編集したものが放送されてしまったのです。

 また私は今回までに同番組に3度出演していますが、2011年10月17日に放送された鷹との対戦も大変不本意なものでした。「鷹がラジコンカーを追いかけて来ないので、鷹がラジコンカーに慣れるまで練習させた上で再戦して欲しい」、「鷹が逃げるので鷹が追いかけて来るよう、ゆっくり走らせて欲しい」、「本番の時にはカメラ写りが良くなるよう、カメラ側の敷地内を使って走らせて欲しい」などとスタッフから要求されました。これでは捕まって当然です。現実はスタッフの考えとは異なり、勝負をするところまでいかなかったのです。事実はラジコンカーの圧勝でした!

 更に、2012年10月21日に放送された猿との対戦の際には、猿がラジコンカーを怖がって逃げてしまうので、釣り糸を猿の首に巻き付けてラジコンカーで猿を引っ張り、猿が追いかけているように見せる細工をしての撮影でした。

 私も、私が勤めるラジコンカー メーカーのヨコモも、これまでは、『ラジコンの認知度を上げたい』『ラジコンを普及させたい』 との強い想いで、制作会社からの度重なる無理な要望にも出来る限り応えて参りましたが、今回の編集内容には愕然とし大きなショックを受けました。
 この様な番組に出演していたら、ラジコンのイメージダウンだけでは無く、想いとは裏腹にラジコン愛好家の皆様にも多大なるご迷惑をお掛けする結果となってしまいます。

 放送開始当初の『ほこ×たて』は、斬新な企画で、「人対人」、「企業対企業」の真剣勝負での対決だけに見る人の目を釘付けにしました。視聴率が高かったのもうなずけます。人気番組であるだけに、私共も多大なる期待と希望を持っておりましたが、昨今では余りにもひどいやらせ番組に成り下がってしまった為、今回のようなご報告をしなければならなくなりました事、非常に残念な気持ちと悔しい思いで一杯です。

 最後に、フジテレビさんには放送開始当初の輝いていた人気番組 『ほこ×たて』 の再興を強く願っております。

 2013年10月21日(月)
 広坂 正美



※転載終わり。




広坂正美さんの静かな怒り、読んでいて悲しくなりました。

YOKOMOサイトがアクセス集中でサーバーダウンしているのでWeb魚拓を見つけました。
こちらで真相激白が見られます。
http://megalodon.jp/2013-1023-1346-20/www.teamyokomo.com/topics/13/131023_hokotate/131023_hokotate.html


10/20(日)のフジTV「ほこ×たて」でラジコンvsスナイパー対決の真相が明らかになり、ラジコン関係サイトでは少しずつ話題が大きくなってきています。

番組企画とはいえRCヘリが狙撃され燃え、RCカーが連射でバラバラになり、ラジコンというホビーが大好き故にその有様は胸が締め付けられる気分でした。
3本目のボート対決が唯一スカッとしました。

これらの内容について、あの温厚な広坂さんが静かに激怒、余程の捏造だった事が伺えます。

過去、鷹匠と猿軍団の対決相当我慢した上でラジコンというホビーの認知度向上を願い、今回の対決も相当な我慢があった模様。
その他にもルアーフィッシングの対決などありましたが、こちらは大丈夫だったのでしょうか。

ここまで激白って事は今後の番組との関わり合いはもう無いって事でしょうか。
それだけの改悪だったって事ですね。

見ていて確かに違和感はありました。
バラエティー番組向きな脚色も確かにあるんだなという、ヤラセじゃなくラジコンを分かり易く知って貰うという意味での演出ですね。
『ほこ×たて』に限らず、昔からテレビ番組で広坂さんを中心にラジコンが画面の中で活躍し、ホビーとしてラジコンの面白さを楽しさを伝えてきてくれた番組の数々。
ラジコンを趣味にして楽しんでいる一人として、ラジコンがお茶の間のTVでバラエティー番組で活躍するのがただ純粋に嬉しかったんです。

だから今回の騒動は積もりに積もった鬱憤が、テレビ番組制作側の考え方や対応内容の不味さが積もりに積もって派手に出てしまったという感じですか。

これをキッカケにこういった事が無くなれば良いのですがー…
ラジコンに限らず、これまでもこういった事は沢山ありましたし、これもまた氷山の一角でしょうし…

見始めの頃から番組のコンセプトが大好きだった『ほこ×たて』
企業同士、人間同士のプライドを掛けた対決、本当にワクワクしながら見ていたもんです。
だからこそ今回の様な事態は残念でなりません。

今回の出来事は本当に悲しいです。



スポンサーサイト

■地元のラジコンフィールド確認・その2。■

岡山の邑久町に買い物がてら
「そういえば2年位前にオープンしたラジコンコースが近くだな?」と気になってスマホで検索したら10分圏内だったので来てみました。


20131002-02.jpg

1/10サイズ電動オフロード車専用(有料)、綺麗に整備されたテクニカルコースです。

昔牛窓にプライベートなコースがあると聞いた事があって、何年かして専用施設となってオープンした云々がどうやらココの事らしいです。


20131002.jpg

20131002-04.jpg

20131002-03.jpg

凄い凄いと写真を撮る、
5年前まで1/8GPバギーで遊んでたから凄くウズウズするw

昔は自作FFバギーを作るくらいオフロードスキーだったけど、引越し先々で環境無いとやっぱり難しくなりました。
電動なら気軽に遊べるかな?

レースもやってるみたいなので見学してみようかな。
自宅から30分圏内と近く通い易いのが嬉しい♪



■地元のラジコンフィールド確認・その1。■

20130917-07.jpg

去年から今年の夏までボート遊びを満喫した知り合いから安く譲って頂いた京商のジェットストリーム888というパワーボート。
ブラシレスモーター&14.8Vバッテリーで
時速60km/hでカッ飛ぶらしいですよ? Σ(゚Д゚)


プロポは自前のカー用EX-1 UR、高校生の時からKOプロポを愛用中。
途中サンワのMT-4に手を出してみた瞬間もありましたが、ゴメンナサイ、やっぱりプロポを持った感じが馴染めず元のKO・EX-1シリーズ(旧タイプ)に戻ってしまいました(苦笑


20130917-08.jpg

で、早速地元ラジコン店「パワーオン」さんで動力用にリポバッテリーを購入しました。
車用だと6.6〜7.4Vがメインですがコレは14.8V、実車用12Vよりハイパワー!!
動力用としてリポバッテリーをまともに扱うのは実はコレが初めてだったのでお店で色々扱い方を教えて頂きました。
扱いを誤ると爆発や火柱発生ですからね、慎重に慎重に。

店長の話では、ハイペリオンのリポバッテリーは5C(最大6C)充電が可能だそうで、他社市販のリポが1C推奨のところをハイペリオンだけズバ抜けていた。
しかも他社市販のリポの寿命が例えば100回の所を同じ条件で使えば200回近く使えるとか耐久性もバツグンだそうで。
色々ちょっとオッカナビックリなリポバッテリーですが、ラジコンヘリでリポを沢山扱ってきた店長の言葉を信じてみたいと思います。

ひょんな事から数年振りのラジコン再開、またしばらくお世話になりますw


20130917-09.jpg

写真の飛行機(京商ミニュームαシリーズ)は昨年秋くらい買った特売品。
会社の駐車場で飛ばしたら
ものの数秒で墜落してプロペラシャフト破損 orz

スペアパーツは購入済みですがまだ直していない、ボートと一緒に整備しなちゃです。

ちなみに翼の長さが30cm弱、A4ファイルと同じ長さの小さくて軽い飛行機です。
初心者向けらしいですが
その初心者が飛ばして数秒で墜落、今は飛ばすのに結構ビビってますw



20130917-01.jpg

20130917-02.jpg

20130917-04.jpg

自宅近くには歩いて5分位のところに一級河川「吉井川」という大きな川がありまして、
車で5分位走らせたら河川敷にちょっとした整地された広場があります。
川を挟んで両敷に、区域の異なる2種の広場があります。

ラジコンコース(EP/GP、オン/オフ全般に対応)があったりグラウンドゴルフ場があったり、ローラースケート場だったりバーベキューやキャンプが出来る広場だったりと多目的な作り。
週末になれば結構な来場で賑わいます。

しかしー…

ちょっと前まではラジコンボートや飛行機で有名な広場として愛好家に親しまれていた区域の河川敷が、
少し前に大きなラジコン飛行機を飛ばしているのを見掛けたけど最近は見なくなって、

あれ?オカシイナ?と思ってたら…


20130917-03.jpg

ありゃー。

パワーオン店長の話では元々「郡」であって「町」の管理区域だった場所が、岡山市へ合併した為に市管理となって危険物は徹底排除という流れ?
(政令指定都市になる為に協力した云々、しかし住民は大反対したのですが町長の身勝手な独断で…)

でも誰も管理してなくって放置状態なのにね、ちゃんちゃらおかしいやw



川を挟んで反対側の広場は土地面積が広いからか何か分かりませんが、危険看板が無くて皆さん自由に遊んでいます。
いざ何か言われたら面倒臭いので橋を渡って反対側へ移動。



20131002-06.jpg

20131002-05.jpg

ラジコンボートがし易い場所はこんなところですかね?
こちらも自宅からだと車で5分位の場所。


20130917-05.jpg

20130917-06.jpg

こっちだと車で2分の距離w

この場所は小中学生時代に良く鯉釣りで遊んでましたw
2枚目の写真の橋の上からだとサビキ釣りでハエが良く釣れますよ。
(ハエ…ハヤ、地元ではハエと呼んでます)
小振りのハエをカラッと唐揚げにすると最高に美味♪


どちらも最近は魚釣りをしている人をあまり見掛けないので、邪魔をしない範囲で楽しめれば。


なにわともあれ初めてのラジコンボートですが、朝から晩まで延々とやるというよりは時間のある時にフラッと寄って楽しんで行こうとかそんな感じで?
ミニ飛行機もそんな感じで飛ばせたら良いですね。
但し機体が軽いが故に風が強めに吹くとアウトですがw

どちらも気軽に遊びべるホビーにしたいです♪



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。