スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ローランド・ラッツェンバーガー 没後20年。■

20140430-Roland-Ratzenberger.jpg
【ローランド・ラッツェンバーガー 没後20年】
http://f1-gate.com/other/ratzenberger_23406.html



毎年この時期になるとセナばかりのニュースの中、ラッツェンバーガーの事も思い出してあげてくださいとは良く思ってたけども、なかなかそういう事が少なかった…。
(ほぼセナで埋まる)

…確か…、
確かそんな記事を見た記憶があるんだけど、
当時のマスコミ報道の一部でセナの葬儀に参加しなかったドライバーや関係者に対して否定的だったのを覚えてる。
ラッツェンバーガーの葬儀に参列していたから、という事をその後の報道にあったかは知らない。

そういう事だったんだね。
今回の記事を見てモズレーやドライバーなど関係者のコメントを改めて知る事が出来て本当に良かったと思う。

94年からF1をちゃんと見始めるまでは、まだ中坊の頃は日本のレース活動は完全に走る車がカッコイイ!と見てるだけだったから一部を除いてドライバーが誰とかどうとか全然記憶に無いけども、日本に馴染みがあって凄いドライバーだって事は後々の記事で色々知る事が出来た。
こういう風にコメントが残される凄いドライバーだったんだねぇ…。


映画Rushを見ても思っていましたが、1994年のサンマリノGPの前までは安全面を軽視されてたと言われてもオカシクナイ、毎年のクラッシュが極々当たり前な基準だったのが、2人の死後でやっと目が覚めたのかと思うと払った代償や失った物があまりにも大きすぎたと思います。


※2012年1月に発売された
F1速報の臨時増刊号『F1速報PLUS』Vol.22
『クラッシュ このスポーツの「宿命」と向き合う勇気』

この雑誌のクラッシュ&規定見直し記事は再販あるいは再録しても良い位の内容です。
>> http://as-web.jp/f1sokuho/2010/blog/info.php?no=244



スポンサーサイト
Theme: F1全般 | Genre: 車・バイク

■レーザーZX-6、予約受付開始。■



世界戦がターゲット!
"MADE in JAPAN"の組立キット

現代のハイパワーに対応すべく剛性をアップ!ジュラルミンシャーシはA7075-T6を採用。
サイドプレート採用でピッチング剛性をアップ。
新型のスライド式モーターマウントで重量物であるモーターを最適な位置に配置。現行"ZX-5"からのフルモデルチェンジ!

<テクニカルデータ>
●全長:385mm
●全幅:248mm
●全高:145mm
●シャーシタイプ:シャフトドライブ4WD
●ホイールベース:278mm
●トレッド:F-210mm/R-200mm
●全備重量:約1,650g
●1次減速:4.10(スパー78T/ピニオン19T)
●2次減速:2.6:1(52T-20T)


遂にレーザーZX-6が6月30日(予定)に発売開始される様で、現在アチコチで予約受付中とのこと。

昨年の全日本選手権、世界選手権の場でプロトタイプが大活躍し、決して優勝はしてないもののプロトで上位陣に食い込むのはやはり基本性能が良いからでしょうか。
早ければ昨年秋〜冬には出るのかな?と思ってましたが、納得いく完成度にまで引き上げるテストはギリギリまで続いていた様です。
この夏には全日本選手権が開催、直前となってしまいましたがギリギリ間に合った(???)様で。

そして遂に満を持して登場!!


新車!
2005年にZX-5が発売されて以来9年振り!!
イマドキのトレンドが満載された最新モデル!!!



※以下4枚の写真は昨年の世界選手権の様子(ネット拾い物)
20140428-02.jpg

ジャレット・ティーボ選手のZX-6、これが基本レイアウトの様です。
シャフト、バッテリーをセパレート配置、モーターをフロントに配置、イマドキのレイアウトですね。
モーターの横に受信機ってノイズ大丈夫なの???


20140428-03.jpg

どなたか存じませんがこちらはショートリポを片側配置でアンプをシャフト挟んでその横に配置。
これだったらチームあざらしさんのレッドシールレイアウトと同じ様に、モーターを180度反転してアンプの位置に持って来ればイイのに?

そう考えたら、
2種のレイアウトを自由に選択出来るシャーシキットの方が絶対良いと思う!!

え、実はそういう事ですか?
えぇ、実はそうじゃない??
実はどっちなんだろう???

早くシャーシレイアウトの公式発表してください!w


20140428-04.jpg

フロントサスはZX-5 SP以降FS2までのそのままかな?
ZX-6用に新規来る?
これで十分な足だと思うので、このまま来るのかな。


20140428-05.jpg

リアサスはアルティマRB6の様です?
他選手はレーザーの足そのままの写真もありましたが、果たしてどっちになるんだろう?
RB6の足は大変優秀なので、RB6を採用してくれたら嬉しいな。

早く公式サイトで専用ページを発表してください!w



20090207_SANY0019.jpg

昔、高校生の時に友達から中古のレーザーZX-Rを譲り受けて、それをそのまま走らせる事なく自作FFバギーに使ってしまったのでw、ちゃんとレーザーZXシリーズを走らせたことはありません。
(アンプとモーターを再び積めば今でもしっかり走ってくれる…ハズ)

なので、今回の新車ZX-6はRC復帰後のRB6に続いて是非!!と行きたいところです。

イマドキの最新4WDを是非この手で所有して走らせてみたいです。

レーザーが俺を走らせろと囁いている!


予約、逝っちゃう??



■スコーピオンの次は是非トマホークを!!■

20140425-01.jpg

20140425-02.jpg

4月23日に京商ホームページで公開された
1/10 電動R/C 2WDレーシングバギー・スコーピオン
No.30613:キット価格¥25,800+税
発売日:2014年6月
http://www.kyosho.com/jpn/products/rc/detail.html?product_id=109875


おぉ…この現代版リニューアル内容…
古いラジコンなのに妙に新しく見えてしまう…
思わず欲しくなっていますw


僕が組立式のラジコンを意識して見る様になったのは小学1〜2年生の頃でしたか。
この頃持っていたのはトイラジ、いわゆるおもちゃメーカー製の完成品ラジコンでシャーシは単3乾電池4本だったか6本だったか、プロポは9V乾電池とかで動く小さくて大人しい走行性能を持った、本当におもちゃみたいな可愛らしいラジコンでした。
ボディデザインはホットショットに良く似てたな?当時はタミヤ系ホットショットやブーメランやフォックスみたいなトイラジを結構見掛けた様な気がします。

近所の同級生のお兄さん(2〜3歳上)達が当時トマホークやマイティフロッグなどの2WD系を公園で走らせて遊んでいるのを見ていて、自分の持っているラジコンの数倍もの速度で駆け抜けているのを見て
スゲーはえ〜!
カッケ〜!!
でしたw

当時タミヤや京商から出ているラジコンを皆がプララジ(プラモデルの様に組むラジコン)と呼び、トイラジはおもちゃでお子様が持つラジコンという小馬鹿にされた意味を持つ様になりました。
自分達も十分お子ちゃまなのにねw


20131220.jpg

やがてお年玉成金となった僕は当時の模型屋さんでサンワのダッシュセイバー(スティックプロポ)とタミヤのグラスホッパー、タミヤのレーシングパック(ニッカド1200nAh&充電器セット)を買いました。

マブチの380モーター(当時の通称サンパチ)なので速度は540モーター(当時の通称ゴーヨン)に比べると確かに遅いのですが、それまでのトイラジを思えば十分速く、しかも省電力なので1200mAhでも走行時間は15〜20分とか長い時間走らせて楽しめたものです。
同級生が540モーターのラジコンばかりだったので、皆が大体5〜10分で終わらせているのを見ると、バッテリー1本しか持てなかった当時を思うとこの差は結構大きかったと思いますw

当時一番最初に憧れたラジコンは、第一印象が強烈だったタミヤのマイティフロッグや京商のトマホークでした。
グラスホッパーを持つ頃にはホットショットやフォックスやオプティマやアルティマという感じに、当時のラジコン雑誌「スーパーマシーン」や「ラジコン改造テクニック」を何百回とめくっただろうかw

1980年代、小学生を駆け抜けたこの時代は良く言われる「80年代バギーブーム」だそうです。
当時のラジコン雑誌を開けば右も左もバギー、オンロードも無論人気あるカテゴリーでしたが、僕の目には土煙を上げて爆走するバギーカーしか写らなかったw
近所の公園に集まれば皆手に持っているのはバギーカーでした。
同じクラスで1人だけバギー・マッドキャップ2WDの他にオンロードでF1(確かタミヤF1でロータス99T)を持っている子が居ましたが、田舎に全面アスファルトの広場は殆ど無く、裏路地や車通りの殆ど無い民家横の細道をドラッグレースみたいに真っ直ぐ走行クルッとターンするだけでした。
それでも子供心にはストレートスピードの速さを目の当たりにして興奮して楽しんでいましたw

色々な思い出があります。
各メーカーの出す当時のラジコンはどれもこれも個性的で、今の製品ラインアップには無い魅力が満載でした。
タミヤがホーネットやマイティフロッグを復刻販売してくれた時は本当に嬉しかったです。

それからのタミヤはホーネットの再販を筆頭に当時のラジコンを、今でも人気が高い車種を中心に数多く復刻販売してくれていますね。
他のメーカーも可能なら当時人気あった車種を復刻してくれないかなぁと何年も思っていました。
京商だとトマホークやオプティマシリーズを、ヨコモだとドッグファイターシリーズを、マルイだとサムライやニンジャにショウグンなどなど…
でもなかなかそういう企画って簡単にはいかない、様々な難しい問題が沢山あって容易じゃないと思います。

昨年だか雑誌・ラジコンマガジンでヨコモが初代ドッグファイターを復刻するかも??という衝撃ニュースを記事にしましたが、しかしそれから全然ニュースは出て来ず。
本当に出るの?来月の静岡ホビーショーで何か発表あるのだろうか?と思いながら…

そう思っていたら京商が衝撃の発表をしてくれました。

20140425-01.jpg

5月の静岡ホビーショーで実物デビュー?!
6月に発売予定ですと!??
実売価格が約2万円前後ですと???


この現代風リニューアル内容を見て…
これを飾るだけなんて本当に勿体無い、作りがしっかりしてて如何にも走りそうなフォルム、是非走らせたいと思わせるものがこのスコーピオンからビシバシと伝わってくる!

京商、凄く頑張ってる!!

うわ本当に欲しいかも!!!


牛窓のバギーコース・RC Peakで、来月の月例レースでアソシの復刻RC「RC10ワールドカー」を2WDストッククラス(17.5T)で走らせようとする話しを聞きました。

当時ゴールドのアルミバスタブシャーシが印象的で世界最強マシンのシルエットとして記憶しているRC10クラシックの復刻版を昨年知った時は時既に遅し、欲しい!と思っても世界限定100台とか天文学的数字で全然手に入らず、そして今月発売されたRC10ワールドカーも国内分の予約が瞬殺したみたいで手に入らずでした orz

そんな限定的で貴重なマシンを惜しげも無くストッククラスに持ち込もうとするw
これは僕もちょっと考えちゃうな〜となって、今回のスコーピオンをそうしてみようかな?とかとか。
ネオじゃない方のマイティフロッグやノバフォックスでストッククラスってアホな発想も有りますが、スコーピオンも十分アホな発想かも知れませんw
(六角ハブにしてホールショット履かせてダンパーもビッグボアにしなちゃですね)


今回のスコーピオンが大人気で売れに売れたら、これはひょっとしたら京商も更なる復刻版シリーズの展開を考えてくれるかも知れませんね?
それこそ僕の希望するトマホークの復刻版やオプティマシリーズの復刻版も。
だからこそですよ、
その為にはまずスコーピオンの購入を本気で考えた方が良いのかも知れませんね?w

やべー、本気で悩む〜。
今週の23日に詳細が発表されてから店頭や通信販売店で予約受付が始まったみたいですが、瞬殺されていないかな?まだ予約間に合うのかな?
これって限定販売じゃなくスポット販売的なのかな?
初回ロットを売り切った時、その時の流れ次第で第2ロットとかも十分有り得るんですかね?

うむ〜…初回ロット…売り切れ必至?!
まだ時間はある、ちょっと悩んでみようw



■仮想谷田部アリーナ?■

午前中用事を済ませたら、午後から牛窓のバギーコース・RC Peakへ。
幼稚園の時からの友人が久々にバギーをやりたいと、コースの場所が分からないからと案内しました。

今日が月例レースの日でしたが、着いた時には決勝レースが終わった後で皆さんチキチキ走りしてました。
(僕らは見学)


20140420-01.jpg

コースに着いて最初にビックリしたのが、コース路面に赤いカーペットが敷かれていたこと。

これまでの人工芝+土路面人工芝+パンチカーペット路面に変わり、高速コーナーでハイサイド起こし、コーナーでストレートでスロットル握ったら車が簡単にウィリーする、突如出来上がったハイグリップ路面に皆さん四苦八苦してました。


20140420-02.jpg

タイヤ選択変わるだろうし、スピード上がるからハイサイド対策で車高がオンロード並みに下げなちゃだし、下げたら下げたでジャンプ着地時に底付きするからダンパー硬くなるだろうし、2WD車もいよいよミッドシップ化が必須になるんだろうな。

オーナーH岡さんは「タイヤやセッティングが谷田部アリーナみたいになるよ。」とな。

全日本戦を視野に入れた、仮想谷田部?w

自分のアルティマRB6だと、
・RRレイアウト→MRレイアウト
・ボールデフ→ギヤデフ(シリコン15000番からスタート)
・車高を16mm〜19mmの範囲で調整
・ダンパースプリングを一回り硬め?
・タイヤはとりあえずホールショットから→いずれ谷田部化?


こんな感じ?
なにわともあれ一度今のRB6(RRレイアウト)で走らせてみてから上記の様にオールリセットか、それともとっととオールリセットしてから走らせに行くか。
悩むまでもなく後者で準備しちゃうと思いますがw



今日は1年ちょっと振りにN村さんと会えまして、仕事関係もしばらく岡山滞在だそうです。
N村さんの新しいマシン、HPI/HBの新車D413(4WD)を見せて貰いました。
実物は初めてです。
昨年のEPオフ世界戦をネットで見ていた時にハチイチバギーみたいで格好いい!と思っていましたが、本当にハチイチバギーをそのままダウンサイジングされた作りでビックリ。
センターのスパーがそのままセンターデフで、ハチイチ同様に前中後3個のデフをシリコンでセッティングとか、ダンパーポストの固定方法とか初めて見る形で「これ大丈夫なのか?」とか、各部の頑丈そうな作りとか見てるとコレは本当に買って走らせてみたいと思わせる格好良さでした。

実際に本当に良く走る様で、ヤバイ…欲しくなるw
イカンイカン、京商のレーザーZX-6の発表を待つんだ!w

他にもアソシB4コンバージョンのX-Factory X6も初めて実物を見て、カーボンの積層造形の「らしさ」とかスマートになったシャーシを見てコレは本当に良く走りそう、と感じました。

N村さんからヨコモB-MAX2車を借りて走らせてみましたが、車の感覚が異なる、他人の車故に全開出来ない、色々な遠慮が出てしまって自分のRB6の時の様な感覚で走らせられずヘロヘロに orz

…すみません、本当にただヘボいだけです(恥
でも路面のグリップの高さは十分に感じられ、前回が土路面で苦手意識が強かったインフィールドとかカーペット化でフルグリップで曲がれてビックリしました。
カーペット路面、恐るべし!!


ここのコースは、他でありがちなメーカーとか特定の車種が偏ることが少なく、皆さんが自分の好みや拘りで選んで走らせてるのであらゆるメーカーの車種を豊富に見る事が出来ます。
見学だけでも割と楽しめますw


友人はこのコースを見て、走行されてる人となりを見て、「上手く走らせられるか分からないけど楽しくやりたい。」と今のマシンで遊びながら新しいマシンへのステップアップを検討してる様子。

楽しんで貰える様にサポートしていこう、僕も早くこのコースで走らせたい!



■ジャイロシステムが使用禁止。■

先月末くらいにRC PROSHOP T2で店長に教えて貰った情報、

今年の全日本戦のEPツーリングとEP1/12はジャイロ使用禁止ですよ。


な、なんだってー!!


それを聞いてJMRCAのレギュブック(この時は2013年版)を再確認したら、
・1/8GPレーシング
・1/8GPバギー
・1/10GPツーリング

以上の3カテゴリーで「電動ジャイロスコープ」が禁止事項として記載されていました。

この時まだEPカテゴリーには何も記載が無く、2014年の記載が無いけどまだ?遅くない?と思いながら『電動バギー・2WDはジャイロ有った方が楽しいよね』と勝手に思っていたのも束の間。。。



4月16日、公式サイトで2014年のJMRCAレギュレーションが発表されまして、ジャイロについて追記がありました。

電動カテゴリー全般で
「ジャイロ等を含むオートパイロット(車両自律航法装置)の使用禁止」

http://www.jmrca.jp/regulation/2014_regulation.pdf


マジかよー orz


久々にラジコン復帰をし、これまでずっと4WDでハイグリップ走行ばかりだったので、復帰第1号のEPバギー・2WDでスピン連発してクルクル巻き巻きマッキーでかなり手こずりましてw
そしてなかなかお手々の矯正が上手くいかなかったので禁断のハイテク装置をスイッチオン。
スピンの嵐がウソの様に消え、思い通りのドライビングが可能になりました♪
KOプロポのジャイロ内蔵受信機KR-212FHには大変助けて頂いてます。
http://36works.blog14.fc2.com/blog-entry-312.html

そんなこんなで、
ジャイロシステム禁止はイヤ〜ン。


F1レースとか2WD車両メインのカテゴリーだと許可しているイベント多いのに、JMRCAは厳しかった。


はぁ…
ハイテクに頼らずちゃんと練習するかぁ。
息抜きでたま〜にジャイロも…ね?w

はい、RC Peakさんの月例レースでもジャイロ使うの極力止めます。

ジャイロ禁止レギュレーションが加わったら止めます(こら



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。