FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■4年振りにプロポ握ってコースイン。■



先日の18日・土曜日はいい天気でした。
前夜?の小雨で路面コンディションは最高!の地元RCオフロードコース。
http://www.rcpeak.com/

こういう土質だと、カラッカラの乾燥路面ではグリップしなくて滑って結構大変な操作性なのですが、小雨程度に土の表面を濡らして程良く乾いてくれた辺りで走らせると結構なグリップ力で走らせられる事が出来るので凄く楽しいんです。

雨も降り続けたら当たり前ですがドロドロの路面で遊ぶどころではないけども、自分が走らせたい時に適度な湿り気を持った路面になる、このしっとり具合は本当になかなか出会えませんw

この日は2009年末のSPK・GPレース以来4年振りにプロポ握ってコースインしました。
車は京商のオフロード2WD・RB6、昨年末に組み上がってテストする日を見てきましたがなかなか時間が取れず年も明け、この週末やっとまとまった時間が取れてシェイクダウン出来ました。

た、多分ちゃんと走らせられる…ハズ!
久々過ぎて車が無事な姿で終わらせられる気があまりしませんでしたw


20140118-02.jpg

走行準備が終わる頃にリポバッテリーの充電が完了し、早速走行1本目。


…オフロードの2輪駆動…
スロットル握れない位に巻き巻きマッキーw

うぉー、2WDってこんなにも滑るの走らないのー!?


リアタイヤをプロライン・ホールショットからHPIメガバイト・ピンクに変えて多少マシになるもコーナー立ち上がりでスロットオン即スピンモードは変わらずで凄く神経使う1本目の走行になりましたw
(フロントはプロラインの4リブのまま)

実はオフロード車に限って言えば2WDで沢山遊んだのって小学生3年の時のタミヤ・グラスホッパーまで戻るんですよねw
その後は4WDばかりで、最後のオフロードもハチイチバギー・無限MBX-5Rで4WDでした。
オンロードなら前輪駆動や後輪駆動、4WDのマシンを沢山走らせてきてタイヤのグリップもあったから今回のオフロード2WDの様な苦労は殆ど無かった。

滑るだろうな〜とは思ってましたが、まさかここまでとは!でしたw

ある程度プロポ側でステアリングの舵角制御や自分のスロットルを握る指の感覚を再確認させて遅いながらも微調整を利かせながら走らせていると、そこそこ感覚が戻ってきたのか苦しいまでも何とかなってきたぞ〜?という感じに。

なかなか厳しいラジコン復帰第一歩がバッテリーダウンと同時に終了。
4年間のブランクって凄い、そしてオンロードから再びオフロードに切り替わる難しさを痛感しました。


KR-212FHG-300x300.png
バッテリー2本目からは秘密兵器のひとつ、KOプロポユーザーの僕は受信機がKOのKR-212 FHGというジャイロ内蔵タイプでもあったのでプロポ側でジャイロ機能のオンオフを繰り返して色々やってみました。

ズルイッ!とか声が聞こえてきそうですが堪忍したってくださいw
スロットルのサジ加減との兼ね合いが取れてきたか、ジャイロの有り無しの特性も大分理解出来てきて、2本目は結構スピードを上げて周回走行出来る様になりました。

それにしてもジャイロ機能って凄い。
スピンモードが殆ど消えた時、
ハイテクすげーッ!!って興奮しましたwww


便利な反面、ジャイロでステアリングが自動的にカウンター当てるのでコーナーではある程度パワーを掛けてスライドさせないと小回りしてくれなくなりました。
小さなコーナーの連続で小回りさせたい時、意識的にコーナーを丁寧にアクセルコントロールでスムーズに回る操作感覚になっているとハンドル裁きが勝手に大回りになってしまい大きなタイムロスに繋がりやすくなるので、この辺りは機能を理解して頭の切り替えを器用良くこなす必要がありました。

慣れてしまえばあらゆるコーナーでグイグイパワー掛けてハンドルも豪快に切っていけるなという感じ?
でもそれってジャイロの無いマシンに戻った時に悲惨な結果を招きかねないので、一番良いのは初めの内はジャイロ無しでしっかり練習して上手く走らせられる様になってから、状況に応じて上手く使い分けて、あくまで補正機能程度に思わないとなぁという感じにも思えました。

でもでも、ひとつ言えるとすればー…

エキスパートな方からしたらジャイロを
「軟弱者ッ!!」と平手打ちばりに思うかも知れませんが、

ラジコンを楽しく格好良く走らせたいという願望から出たと思うこのジャイロ、便利な機能であることに変わりはありませんし、上にも書いた様にプロポでステアリングの舵角を制御するのが当たり前の行為になった今の時代、今やサンワもタミヤもフタバも各アフターパーツメーカーもあらゆる方面から車用のジャイロ装置を出しているのですから将来的にジャイロを使う事が自然な流れになってもおかしくないと思います。
(確かミニラジコンのミニッツにも有るんですよね?)

ラジコンヘリとか、昔のジャイロが無かった時代は機体の高額な事も有りましたがそれ以上にその高度なテクニックを要求するあまり素人は手を出すな!というもの凄い高い壁の様なイメージのカテゴリーに思えていましたが、ジャイロ装置の登場で操作性が信じられない位に簡単になり、その後の進化もあって比較的安価になったお陰でユーザーも爆発的に増えたと思うんです。
今ではオモチャ屋さんで3,000円位から売っている赤外線ヘリコプターですらジャイロ搭載済みで、子供でも簡単に飛ばせちゃう時代になりました。
オッサンの僕だって2年位前にドンキ・ホーテで買ったジャイロ搭載の赤外線ヘリで室内で遊んでましたからw
今やジャイロ無しのラジコンヘリって有り得ないと思うんです。
それくらいジャイロってメジャーだと思うんです。

つまりはそういう事で?
難しい操作性にイライラして大事な愛機を壊してRCホビーから離れていくくらいなら、最初からジャイロ機能を当たり前のものとして、ラジコンカーの世界でのジャイロ機能はアリ!として広く推奨していきたいと思います。
もちろん、最終的にはジャイロ無しで上手く走らせられる様になるのが目標で。
以上、下手っぴなユーザーのジャイロ主張は終わりw



何周かしてくるとジャンプ台もバンバン飛べるようになり、ジャンプの姿勢作りはハチイチバギーで散々練習してきた事もあって難なく出来るようになって来て楽しくなってきました。

オフロードの醍醐味ってやっぱりジャンプですよね!

ふと、上に書いたジャイロ機能が横方向のスピン時の制御に有効だとしたら、将来的には縦方向のジャイロの登場でジャンプ時の姿勢制御にも有効になればオフロードのジャンプの面白さが初心者により分かり易く伝わるのでは?と思いましたが、如何でしょうか?w > メーカー様



20140118-03.jpg

多分モーターだと思いますが、ブローしたのかウントモスントモ。
バッテリー3本目の走行中でした。

コース上で止まった瞬間がジャンプから着地した瞬間でした。

アンプはステアリングサーボが正常に反応するので大丈夫なのかなぁ程度に判断中。
スロットを開けてみたらモーターがピクピクして指でシャフト回したら弱々しく回る感じ。
熱くないしヒートプロテクトは作動してない。

走行中の負荷が大きかったのか何なのか、ブラシレスモーターってこんなに簡単に逝くのか?と(苦笑
個体差かなぁ、運悪過ぎ?

サーキットで出会ったN原さんに聞くと、症状からしてセンサーの可能性も指摘されました。
この辺りも同時に疑ってみました。

モーターやアンプ、センサーケーブルにスペアが無い状態だったので確認が出来なかったのが痛かったです。
自身初めてのブラシレスアイテムの使用でしたが、それにしてもブラシレスの症状は故障箇所が把握し辛くて困りました。
メンテナンスの面倒は残っても僕はブラシモーター&アンプの方が良いなぁと今回のトラブルに直面して思ってしまいました。
便利になった分だけ複雑になったなぁという感じですね(苦笑

ここであれこれ唸っても仕方が無いので、お昼過ぎに片付けて帰りにパワーオンさん寄ってモーターとか見てきました。
滞在時間は約2時間ちょい、残念無念。

流石にこの練習量と原因が把握出来ていないメカトラブルでは翌日日曜日の月例レース参加は厳しい orz
コースオーナーにトラブルを告げてレースエントリーをキャンセルして頂きました(謝



翌日の日曜日、この日はRC Peakさんで月一の月例レースがある日でしたが、目覚めはお昼過ぎ…寝過ぎました orz
レースに出られないって事で完全に頭がお休みモードになってしまい寝坊、レースの見学も行った頃には決勝もあらかた終わっている頃だなぁと断念しました。
折角ショウキ君とリン君がエントリーしてたから応援に行きたかった、ゴメンよ〜。

仕方が無いので頭を切り換えて前日のメカトラブルの原因を探ってみました。


20140119-01.jpg

現地では最初にモーターを疑って、センサーの可能性も有ると言われてそれも否定出来なくなり、最悪はアンプ本体が疑わしい?と頭の中でグルグルしました。

とりあえず再確認の為に他車用の為に用意していたブラシレスアンプ(右側・タミヤの安価なTBLE-02S)と新しいセンサーケーブルを今回の疑わしきモーターに繋いだらー…普通に回りました。

アレッ?
時間を置いたら実は回りましたってオチかな?

改めて元の青い方
(スピードパッション・REVENTON R)に戻したらやっぱり回らなかった orz



何度とジャンプを繰り返して、着地の連続する衝撃でアンプ内部モーター用センサーなどが逝かれたのかな?と思われます。
こんな事ってあるんですねぇ…。
ジャンプの着地姿勢、変な角度は無かったと思うんだけど、何かがおかしかったのかな。

モーター、疑って悪かった!


とりあえずモーターとセンサーケーブルに異常は無さそう、アンプが怪しいって事でメーカー・トレスレイに点検&修理に出してみました。
今日発送の明日辺り到着かな?
センサー関係の部品交換だけで安く直ってくれたら嬉しいけど、高くつく様なら新しいものを買うしかないかもです。
折角買ったのに、運が無いなぁもう… orz

メーカーさんからの回答、果たして?



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。