FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■アイルトン・セナ没後20年。。。もう20年なんですね。。。■

20140430-Roland-Ratzenberger.jpg

昨夜はローランド・ラッツェンバーガーを偲び、



今夜はスカパーでアイルトン・セナを偲びます。

【フジテレビNEXT:アイルトン・セナ没後20年特別番組を放送】
http://f1-gate.com/ayrton_senna/f1_23360.html

※尚、この番組は5月15日にもスカパー・フジテレビNEXTにて再放送があります。


94年5月1日、深夜にサンマリノGPを見ていた時に目の前で起きたセナクラッシュの惨劇に
え?なんなん?どういう事なん?
と声に出してTVの前にしがみつき、無論グランプリレースも殆ど頭に入らず、そして最後には今宮さん、川井ちゃん、三宅アナが泣きながら最悪の結末を伝えてくれた。。。

泣きました、
セナが何故死ぬんだと泣きました。


ラッツェンバーガーの死に続いてセナまで、悪い夢を見てるんだと布団に潜り込みましたが、明け方に親父が珍しくF1を口にしたなと思ったらNHKニュースでセナの死が報道されていて、夢じゃなかったんだ…とうな垂れました。

この日を境に劇的にF1が、モータースポーツの世界での安全性が大きく変化して行きましたね。
それまでの感覚だと死んでもおかしくない様な数々の大クラッシュでもドライバーが無事に生還を果たすようになったのは、そこに至るまでの多くの犠牲、代償を払った結果がこれなのだとしたら、今でも涙が出る程に悲しいけどもそれをしっかり受け止めなければなりませんね。。。

その上でこれからもF1が、モータースポーツの世界がますます盛り上がっていく様にとその発展を願い支えていきたいと思います。



※2012年1月に発売された
F1速報の臨時増刊号『F1速報PLUS』Vol.22
『クラッシュ このスポーツの「宿命」と向き合う勇気』

この雑誌のクラッシュ&規定見直し記事は再販あるいは再録しても良い位の内容です。
>> http://as-web.jp/f1sokuho/2010/blog/info.php?no=244




スポンサーサイト
Theme: F1全般 | Genre: 車・バイク

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。