FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■レーザーZX-6、京商公式画像とスペック発表。■

アメリカのサイト・Red RCですが、
京商の新型オフロード4WD
レーザーZX-6の詳細が発表されました。

http://www.redrc.net/2014/05/kyosho-zx6-4wd-buggy-first-images/

となると、もう間も無く日本の京商サイトでも公式発表間近ですね。
現在全国のラジコンショップで予約受付中のZX-6の発売日が6月30日予定とあるので、来週末が静岡ホビーショーですし新車発表するでしょうからサイト内専用ページの公開ももう間も無くでしょうか。




※Red RCサイト内から抜粋(Google翻訳使用

20140510_KyoshoZX6-7.jpg

20140510_KyoshoZX6-6.jpg

※2014年5月9日(金)発表

要約すると、
京商の人気モデル・レーザーZX5を長い年月を掛けて新たに見直し開発してきたレーザーZX-6、シークレットモデルの画像がこれまで幾つもネットに流れてきましたが、今回その新車・1/10スケールEP 4WDバギー「ZX6」の商品画像を正式に公開しました。
2Sショートリポバッテリーを搭載可能にし、フロントまたはリアのモーターレイアウトを選択可能にした7075アルミシャーシ。
バッテリーマウントは2Sショートリポ以外にサドルパックバッテリーも使用する事が出来ます。
サスマウントはジオメトリー変更が可能なアルミ製(アルティマRB6のOPアルミマウントと同じ)
その他、樹脂パーツ構成としてフロント&リアのショックタワー、シャーシブレース、およびシャーシサイドポッドが含まれています。
センタードライブシャフトはドッグボーン、モーターレイアウトに合わせてステアリングサーボは横置きまたは縦置きにレイアウト。


こんな感じ?

シャーシスペックは
◆ 剛性を高める為7075ジュラルミン製シャーシとサイドガードを採用
◆ シャーシ表面にハードアルマイト処理を施し耐久性もアップ
◆ リニアな操作性を可能にした新設計アルミステアリングクランク
◆ 調整しやすくなったアッパーバルクヘッド、ダンパーステー
◆ 新型スライドモーターマウントは細かな重量配分調整が可能
◆ タングステン製デフボールを採用
◆ セパレート、ショートタイプLi-Poバッテリー搭載を選択可能
◆ ベルベットコートビックボアダンパー
◆ X-GEAR製スプリング、ボールデフグリス、ハイグラファイトグリス付属
◆ ヘビーデューティーデフリングギア
◆ 新型ハイダウンフォースフォワードキャビンボディ
◆ 新型ハイフローウイング装備






シンプルな説明って難しい(英語のテストはいつも悪かったw)

20140510_KyoshoZX6-2.jpg

つまり、チームあざらしさんのレッドシールの様なレイアウトを、モーターを前後2種のレイアウトで選択出来る訳ですか。
しかし説明文のサドルパック・セパレートタイプのバッテリーはどの様に置くのだろう?
写真が無いけども世界戦のティーボの様なレイアウトも出来るのかな?
個人的には容量の多いリポバッテリーを積みたいので、日本の京商ホームページでの公式ページの追加発表が待ち遠しい〜。


20140510_KyoshoZX6-3.jpg

フロントダンパーステーの裏側にダンパーを固定する、RB6同様これは嬉しい。
土路面や人工芝路面の上で転倒すると折角のビッグボアダンパーのアルミキャップがキズだらけになるんですけど、前側に固定するとより一層キズだらけになるので結構凹むんですよ。
ハチイチバギーの無限MBX-5Rで沢山のスリキズを経験してますが、それを裏側固定にするとキズが少なくて済みます。
無傷って事は不可能ですが、少なくなれば心のキズが減って嬉しいw


20140510_KyoshoZX6-4.jpg

20140510_KyoshoZX6-1.jpg

20140510_KyoshoZX6-5.jpg

こうして見るとハチイチバギーの様なシャーシデザインですね。
アッパープレートが無くなって、前後ステフナーを採用して、センターデフっぽいマウントにしている時点で
そのまんま1/10サイズのハチイチバギーだコレw

このZX-6には最近良く走ると好評のHPI/HB・D413が採用しているセンターデフは採用されず、写真の通りスリッパークラッチを装着しています。

この前後ステフナー、写真は樹脂ですが多分オプションで樹脂の強度違いだったりアルミだったりと選択肢が増えると思います。
ステフナーの交換ってシンプル・簡単なので路面のグリップが悪ければ柔らかくしてロール量増やしたり、高ければ硬くしてカッチリさせたりなど、ドライバーの好みでセッティング幅が広がるのは嬉しいです。

サスマウントが前後共にアルミ標準装備も、ツーリングカーのハイエンドモデルでは当たり前の装備ですからね、バギーも同様にしてくれて嬉しいです。
ステアリングアームは出来ればクランクもアルミにして欲しかったなぁw

フロントサスはZX-5 SP以降FS2までのそのままの様です。
そのままだとすればZX5 FS足のスペアパーツがそのまま使えるのは嬉しいですね。


20140510_KyoshoZX6-2.jpg

この角度からだと分かりますが、リアサスは残念ながらアルティマRB6足ではありませんでした。
個人的には是非RB6足を!という希望でしたが…。

でもパーツを揃えたらRB6足は出来ますから、自分でカスタマイズするのもアリだと思います。



こうして公式の新車画像や説明文を新たに見る事が出来ると、いよいよ現実味が出て来てレーザーZX-6の発売は本当に間近ですね。
これまで他社の4WDバギーを雑誌でネットでサーキットで見ては何度と良いなぁ欲しいなぁと指をくわえて来ましたw
昨年末に2WDバギーを京商アルティマRB6で始めた流れで4WDバギーも京商が良いなぁと思って、しかし昨年の世界戦と全日本戦でZX-6プロトタイプを見てからZX-5シリーズに手を出さずにずっとZX-6を待ってましたが、待った甲斐があったと言わんばかりに物欲が沸々と出て来るシャーシデザインです。

5月の静岡ホビーショーで発表されネットで話題にされて、6月30日発売予定とあって本当に楽しみです。


はい、ZX-6は予約済です!
届いたら夜の空いた時間にチマチマ組んでいきます。
気付いた事があればその都度ブログに書けたら良いなと思っています。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。